≫ Please go ahead if you can't read Japanese!

Visitでは無くLiveなワーホリ!Stanthorpeを紹介

スタンソープ観光 オーストラリア
スタンソープ観光

皆さん、世界のどこかでおはようございます!
ツヨシ(@tsuyoshiです!

 

先日、ガソリンを入れる際に、いつもはしないのですが、丁度ペイスリップが届いていたので、今週の給料はいくらだったかなあ?!とワクワクしながら、携帯でチェックしながらガソリンを入れていたら、店員さんに、

 
オイ! すぐに携帯を見るのを辞めなさい!
次したらもうウチでは利用させない
 

と、怒鳴られました。
 

オーストラリアではガソリンを入れながら携帯を触るのはルール違反なんですね。

知らなかったです。店員さん、すみません(笑)

 

知らない事は時に危険で、知っているとその何条倍も楽しめることもたくさんあります!

 

今からの僕にはもう必要のない事なのですが、スタンソープは間も無くシーズンインになります。
 

今はガラガラなスタンソープらしいですが、もっともっと人がファームの為に増えると思いますので、そんな方の為に、

何もないと言われているスタンソープ地区には
結構、楽しめるところがあるんです!

 

なのでせっかく僕が一番QLD州でのファームエリアで気に入ったスタンソープ地区の遊び場を今回はシェアしたいと思います!

 

スポンサーリンク

Stanthorpeをシェア!

先ずはファームに関してですが、僕は今まで経験したエリア〔カブルチャー数社、ガトン優良企業〕なんかよりスタンソープを勧めています。

やらなければならないファームジョブの最後の1ヶ月では、仕事の少ない時期の中無理くり帰ってきて、仕事をしましたもん(笑)

 

そして、休日に関してです。

 

僕が初めてスタンソープに訪れた3月の2週目は、最もコロナバイロスの対策が行われていた時期でしたので、本当に周りの公園から当然観光スポットまで、どこへも行く事ができませんでした。
 

ですが、今は〔州内〕どこへだって行けますので、たくさんのオススメスポットあります!

 

先ずは、市内の定番。

この記事のアイキャッチにもなっていますが、中心部から車で5分の位置にLookoutがあります。

天気の良い日は仕事を15分前に出て、10分ほどコーヒーブレイクをしてから仕事!って1日も悪くはなかったです(笑)
 

街のシンボルやら街の歴史をこちらでは紹介しています!

 

ちゃっかり、小さな小さなアートギャラリーもあります。

が、オススメ度はかなり低めです(笑)

 

 

そして、観光地シリーズへ参ります!

 

初めは中でも定番なGirraween!

良くも悪くも、定番中の定番で、せっかくスタンソープで生活するなら、マストで訪れましょう!
 

こちらのトレイルは結構ハードです!そして滑ります!
 

せっかくなので多くを語らず、体感してもらいたいのですが、海外でトレイルをした感!はココら一帯で一番だと思います!
 

行きにBlue Topazでハンバーガーをテイクアウェイし、山頂にて食べるのが僕のオススメ!
楽しさと美味しさの掛け算です!笑

 

続いては、Queen Mary Falls!

ここら一帯は、The Falls Driveと言う道の名前がついちゃうくらいに滝の多いエリアになります。

Queen Mary Fallsはその中でのメインとなる一番落差の大きな滝なのですが、

僕のオススメは、Browns Fallsです!

これら滝の中でも最も自然を感じられるトレイルコースに、奥地感の強い滝のポイント!

そして何より、最も人が少ないです!笑
 

自然好きに人が少ないは正義ですよね!
それでこそ、自然ですから!

 

続いて、Underground Creek!

アンダーグラウンドと言うくらいで、アングラです!笑

ここに関しては、人をほとんど見掛けすらしませんでしたね笑
 

ギラウィーンの近くにあるポイントですので、皆さんギラウィーンへ流れることも要因だと思います。

確かに、ギラウィーンと比較すると特筆すべきスポットではないのですが、

こちらも人が少なく、穴場なポイント!

僕が行った日は、とてつもない強風でした。
 ※こちらの表記が中々馴染みのないのですが、この日は風速34KMでした(笑)
 

そして、ここらエリアでギラウィーンに並び人気のスポットは
Main Range National Park!

こちらの記事は1度目の記事です。歴史など詳細はこちらから確認ください!

2度目では、メインとなる最も最長コースへ挑戦しました。

正直にネタバレしますと、メインとなるBare Rockまで行かずとも、ここをメインのポイントにしようよ!と言う僕なりのコースを紹介しています。

時間のかかるハードなコースの割に山頂は(笑)って感じでしたので、参考にしてください!

 

現地のオージーに勧められたMain Rangeへ訪れるなら真っ暗トレイルをして朝日を山頂で見るのが、オージー流だよ!と勧められ、

スタンソープエリアでここまでアウトドアを満喫したのは僕が一番なのではないかと自負しちゃうくらいの理由はこちら!

正直、一番自慢できる1日です!笑
 

もう、ここに関しては、文字で伝わるのでは?と思います!笑

 

ここからは、2ND観光地!

最初はBroadwater Forest!

滞在時間の短かった、ポイント(笑)

特に何かがあったわけでもありませんが、昼間から多くの動物を見つけました!
そんな自然の豊かなフォレスト!
 

街中から15分ほどで到着しますので、ドライブにいいかもしれませんね!

 

続いては、Leslie Dam!

Dam沿いでゆっくりChill Out!

日本よりも大きな自然のあるオーストラリアにはDamが多いなあなんて感じながら、ゆっくり過ごしました。

ただ、あまり興味のない方にはオススメできないかもですね!笑

 

 

そして最後に、僕が今住んでいるWarwick!

スタンソープから見るウォリックは、田舎の中でも少しだけ栄えた田舎。
 

スタンソープで最低限のある程度のものは揃える事ができます。

が、更にもう一歩だけ、物を揃える事ができるそんな場所。

例えば、ケンタッキーとか。Colesとか。そんな程度。
 

それでも僕のオーストラリアワーホリを始めされてくれた場所。

僕にとっては始めりの地域。

だから結構気に入っています。
 

田舎が故にみんながみんなを知っていて、繋がっていて、

そんなコミュニティの1つに入れた。

何人かにYoshiはこの街で現在4人目の日本人だ!と言われた。

顔を分からずとも、日本人がカフェでの仕事を始めた!とあの家に住んでいる!と

話になったりならなかったり。
 

そんな田舎街だけれど、僕は好きです!

 

そんな僕オススメのStanthorpe地区!

知らない人には全く分からない、興味のない人には全く関心のない、

知ってる人はわかる、それが未来系なら知っておくべき!

そんな記事になってくれたら良いと思っています。
 

ご存知の通り、僕は番人向けではなく、一部の近しいベクトルへ向けて発信しています。

VisitではなくLiveで。

そこへ拘り今回のまとめ記事を作成しました。

 

残念ながら、カナダでもオーストラリアでもそうですが、
ワーホリへ来ている人で得意ではないどころか嫌いになってしまっている人たちがたくさんいます。笑

 

それでも、1日に数百あるアクセスの中から1人へ届けば僕は満足です。

Instagramからでも、Facebookからでもなんでも質問くださいね!

 

そんな僕のオススメの街、Stanthorpeのご紹介でした!