≫ Please go ahead if you can't read Japanese!

埋め尽くされた雲のフロアの上は晴天でしかない。いってきます!

オーストラリアワーホリ オーストラリア
オーストラリアワーホリ
スポンサーリンク

皆さん、世界のどこかでおはようございます! ツヨシ(@tsuyoshiです!

 

最近は少しバタバタしており、中々更新が遅れていました。
本日はまさに今からの僕の生活について書いていこうと思います。

 

僕は今、タイはバンコク、ドンムアン空港にてトランジットの時間待ち真っ只中。

というのも、本日よりオーストラリアへワーキングホリデーをします!

このトランジット時間が8時間もある為、この時間を利用し、シェアしていきます。
今回は写真なしです!

 

スポンサーリンク

オーストラリアに行く

僕がオーストラリアに行く理由。

それは、ワーホリビザがあって、英語圏だから。これに尽きます。

 

今後の予定として、ブリスベン空港に着陸します。
その後カブルチャーという街で、ワーホリビザ延長に必須になるファームでの仕事を
到着翌日の2/2から最低期間働きます。

その職場は日豪プレスにてアポが取れており、到着次第、働くといった流れ。

 

更にご存知の通り、夏が最高なオーストラリア にも惹かれます。

僕は日本でサーフィンを練習していましたが、家からの距離があったり、中々場所取りで難儀したりと上達が遅かったので、これを機にたくさん練習してやろうと思っています!

 

これらを踏まえて、今後の目的地として、ゴールドコーストを考えています。

どの国でも都会は僕には同じに感じます。
その国が色濃く出るのはやっぱり田舎で、ゴールドコーストの中の田舎に行く予定です。

 

こんな風に自分の責任の基、 ”好きな場所に好きな事を” な生活を送られる事は本当に幸せです。

 

カナダのワーホリと比較して

カナダにワーホリした時との違いとして、その全てを自分自身で行ったという事。

これは結局、多様な事柄へ対しての ビビリ がなくなっている状況だと思います。
何かあっても自分で何とかできる! 若しくは何とかできる人と出会える!と思っています。

僕の場合は後者の方が多いかも笑
 

ビザの申請から、初めの家探し、仕事探しなどその全てを自分で行いました。
※結果、行きの飛行機の預け荷物の予約を忘れていて、無駄に4万程支払いましたが。笑

 
ただいつもうまくいかないのが、僕の海外生活で、そういうのが意外に楽しかったりします。笑
感覚が麻痺しているかもしれないです。笑

 

オーストラリアでの理想

オーストラリアではカナダの時以上に現地の人と同じくらいの水準レベルでの毎日が送りたいです。

観光客ではなく、現地民

今回のテーマはこれで行こうと思います!笑

 

カナダのワーホリ生活を踏まえて、2度目のワーホリですら、このワクワク感はどうも言葉には表現ができません。

不安2 心配1 寂しさ1 楽しみ6 って感じです。

 

そんな24列目のK席(窓際)。

埋め尽くされた雲の上には晴天しか無い。

オーストラリア、行ってきます!

 

なんて心意気を持ちながら、待っていた田舎の現実はこうでした!笑

Follow Me
Instagram
Twitter
Facebook