≫ Please go ahead if you can't read Japanese!

都会の人達が田舎に集まった田舎のコミュニティーとその逆。

オーストラリアワーホリ オーストラリア
オーストラリアワーホリ
スポンサーリンク

皆さん、世界のどこかでおはようございます! ツヨシ(@tsuyoshiです!

 

本日はオーストラリアワーホリ2日目となります。

昨日到着ものの、出国前と実際に到着した今現在とのたった2日間でも、早速生活への変化がありましたので、その辺りも含めてシェアしたいと思います。

 

外国特有のナーナーな返事

まずは何と言ってもこちらに尽きます。

勿論、受け入れと覚悟がありますので、何ともありませんが、

更には様々のケースがありますが、今回僕は、日豪プレスにて検索したバーペンガリーという地域にいます。

 

韓国人のオーナーさんで、彼の友人が持っているシェアハウスに昨日到着しました。

家に関しては、韓国人5人、日本人2人、台湾人1人の計8人で1階建ての家で暮らしています。

1人部屋と聞いてきたが、結論相部屋。

それでも郷に従うしかなく、生活がスタート。

 

建物自体は新しいが、掃除が行き届いておらず、スリッパ無しでは歩けない。
※僕は今靴下で過ごしています。笑

エアコンは付いておらず、冬の日本から訪れた僕には33°Cのこのオーストラリアは扇風機だけでは溶けてしまいそうです。

因みに、明日の気温は36°Cまで上がるそう。

それとバンクーバーとは違い、枕からカバーから全てを購入し、自分の物を使っています。

都会に行けば用意されているところもあるそう。

 

周りは噂通りの田舎で、想像していたよりは舗装されていたり、新しい家が立ち並んでいたりするが、買い物に行ったり、少し出かけたりは確実に車を必要とする。

つまりは誰かに頼まなければ、何もできない街。

バーペンガリー
オーストラリア 〒4505 クイーンズランド

 

仕事に関して

事前の連絡では問題は無い、着いたら翌日から働いてもらうね!

との事だったが、オーストラリアの火事による被害はあったそう。

実際に僕の会社でも、いくつかあるファームの1つは丸々焼けてしまい、その他も被害があったそう。

特に1月はそれらの影響により仕事がなく、2月から漸く仕事が始まる。

それまでこちらで働いている人たちは待機だったそう。

 

そして僕もそのチームに加わった2月は今日明日を除いて、ストーム。

11日まで休みとの事。

だったらその間でやれる事を楽しみながら過ごすだけなので、昨日は映画を見た。

 

他の家ではわからないが、今の家ではそこまでの干渉がない。

基本的には皆さん部屋で1日中寝ている。扉を全開で。

扇風機の音だけが聞こえる違和感ある日々が始まりそうです。

 

今回感じたことは、田舎には2種類の田舎が存在すると思う。

それは田舎出身の人が田舎にいる文字通りの田舎と、

都会の人達が田舎に集まった田舎。

この感覚は言葉で説明することが難しいが、今初めて感じた感覚。

こういう小さな感性を。

 

変にブログは終了するが、今は少しナーバスです。

 

Follow Me
Instagram
Twitter
Facebook