≫ Please go ahead if you can't read Japanese!

バンクーバーでサーモン釣り ポイントとタックルのオススメ

カナダサーモン カナダ
カナダサーモン
スポンサーリンク

皆さん、世界のどこかでおはようございます! ツヨシ(@tsuyoshiです!

 

早速ですが、
早く今年もサーモン釣りに行きたいな!と思いながら、

今回もサーモン釣りについてシェアしていきます!

 

 

今回は、タックルとフィールド、釣行に行ってみて感じた事をシェアしていきます!

 

スポンサーリンク

フィールド ポイントについて

カナダサーモン
Photo For Wikipedia

 

ロッキー山脈を源とするフレーザー川と言う大きな川があります。

昔からバンクーバーの水産業を支えてきた川でもあります。

このフレーザー川はバンクーバーのほどんどの川との支流になっており、忘れてはならない存在です!

フレーザー川自体に数多くのサーモンが行き来しています。

 

つまりフレーザー川の支流の川にはサーモンが釣れるポイントがあるというわけです!

 

  • フレーザー川
  • ピット川
  • アロエッテ川
  • ステーブ川
  • デュウドニー川
  • ハリソン川
  • シュヘーラス川
  • チリワック川

    フレーザー川支流以外にも、
  • キャピラノ川
  • スコーミッシュ川

 でもサーモン釣りをすることができます。

 

カナダサーモン

 

また、スタージョンがいることでも有名です。

村田基さんもここフレーザー川で3.22m、約300Kgのスタージョンを釣り上げています。

 

 

フレイザー川を始め、バンクーバー周辺ではサーモン釣りが好きな人にとっては最高の場所というわけです!

 

また、サーモン釣りにおいて水位の高さはとても重要になります!

毎度の雨で釣れるポイントがコロコロ変わります。

 

いつも釣れているポイントがダメになり、いつも水位の少ないポイントに居付いたりします。

 

つまり、バンクーバーにおけるサーモンの釣果も、

どれだけポイントを知っているか?

どれだけ地形を知っているか?

ということです。

※これはどの釣りにも共通して言えることです。

 

なので釣果を出すために、

  • ツアーに参加する
  • 釣具屋さんにて情報収集を行う
  • 普段からレンタカーなどで川をたくさんみておく
  • 現地で知り合いを作り連れて行ってもらう

などの状況が求められます。

 

実際僕自身も、釣具屋さんでも情報収集しましたし、

知り合いのホームステイ先のファミリーにも話を伺いましたし、(貪欲)

現地の親切な日本の方にアポを取り、釣れて行ってもらいました。

 

実際にはどのくらい釣れるの?

一番気になるとこをはここですよね。

実際どうなん?というお話ですが、魚種によります。

 

よく釣れるサーモン

ピーク時のピンクサーモン、チャムサーモンは実際よく釣れるそうです。

僕はこれらのピークにはまだ行けてませんので、実際にはわかりませんが、現地の人に聞くと、実際よく釣れるそうです。

 

これらは日本にも馴染みの深い、カラフトマス、白鮭です。

ただ、川で釣れるこれらは婚姻色が強く、結構味は落ちているみたいです。

 

現地の人たちは基本的にキングコーホースチールヘッドを狙っていますので、所謂、外道 という形で釣れるみたいです。

 

しかし、せっかくカナダまできたのです。外道だろうと釣れたらカナダでサーモンを釣った!の1本になります!(笑)

 

大本命、キングサーモン!スチールヘッドサーモン!

カナダサーモン

コーホーはスレやすくなかなか釣れません。

また、居付く場所もすぐに変わりますので、車でのランガンが必要になってきます。

ポイントをいくつか知っておく必要があります。

 

キングは数が少ない上に、もし巡り合っても釣り上げることが難しいです。

ファイトすること自体が貴重なので、もし会えたら慎重に楽しみましょう!

 

スチールヘッドは基本的に居れば食ってきます。

が、こちらも数が少ないことと、居付きやすいポイントを見つけるのが難しいです。

 

スチールヘッドは僕自身もまだスーパーでしかしたことがありません。

また冬のトラウトに関しましては、基本的に活性は低いです。

※こちらも日本同様ですね。

 

 

サーモン釣りに挑むタックル【道具】

カナダサーモン

 

ルアーにはスプーンスピナーベイトを使用します。

 

現地の人は餌釣り(いくらを針先に1粒つけ、サーモンの自分の子孫を守るために、他魚のいくらに攻撃した時に掛かるという習性を生かした釣り)も行いますが、

せっかくカナダまで来てサーモン釣りをしているのです、

ラン&ガンしてみましょう!

 

当然、ピンポイントで狙いが決まれば、タックルにも差が出ますが、

全般的に平均をとって道具を揃えるなら、

 ロッド : 7~8フィート MLくらい
リール : SHIMANO4000番、Daiwa3500番
ライン : PE1.5~2号、リーダー16~20ポンド
ルアー : スピナーベイト10g程度、スプーン3/8oz
※針はバーブレス(返しのない針でシングルフックが義務付けられています。)

  

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ラパラ(Rapala) Vibrax Bullet Fly 8g color=BCH
価格:467円(税込、送料別) (2019/5/22時点)


僕が使用したルアーはこの辺りです。

他には、メジャー、プライヤー、フィッシュグリップ、偏光グラス等の日本でも使用しているものがあれば十分です。  

 

釣行してみて感じたこと

カナダサーモン

 

何と言ってもバンクーバーとその周辺一帯は100万人都市です。自ずと釣りをしている人も多いですし、その周辺をハイキング、トレッキングしている人も多いです。

人気なポイントには、入る隙のないくらいの人がいるポイントもありますし、スレてしまっているポイントも多いです。 基本的にバンクーバーアイランドやツアーへの参加をしない限りは、ラン&ガンが基本であり、要になります。  

 

本場のサーモンってやっぱり美味い!

本場のサーモンは美味いんです! 

カナダサーモン
キングサーモンの炙りも

 

 

カナダサーモン
お刺身も

 

 

カナダサーモン
ソテーも

 

カナダサーモン
いくらも!

 

やっぱり、釣って、食べてまでが釣りの1セットだと僕は思うんです!ぜひ、皆さんにも試してもらいたいです!!!  

 

まとめ

 如何でしたでしょうか?

 カナダでサーモン釣りをすることは、大変なことですが、もしあなたが行ったならとても思い出に残ると思います。 

 

僕自身、日本で釣りをしない友達とも行きましたが、釣果こそなかったものの、とても楽しかったと言ってもらえました。 

前回も記述しましたが、カナダでのサーモン釣りにはライセンスの取得が必要です。

詳しくはこちら。   

 

ルールを守って楽しいカナダライフの1つに、近くの釣具屋さんで話を聞いてみて、サーモン釣りに出かけてみては如何でしょうか?    

コメント