≫ Please go ahead if you can't read Japanese!

オーストラリアの田舎に住んでいる僕にコロナウイルスの影響が来た話

QLDコロナ オーストラリア
QLDコロナ

皆さん、世界のどこかでおはようございます。 ツヨシ(@tsuyoshiです!

 

2020年 頭、皆さんのご存知の通り新型コロナウイルスが現れました。

中国から始まり、徐々に世界へと広がりをみせて1ヶ月。1月末に僕はオーストラリアへ飛び立ちました。

 

スポンサーリンク

僕のオーストラリアワーホリ

オーストラリアのワーキングホリデーにて2ndビザを申請するにあたって必須となる88日間のファームでの仕事。先ず始めに片付けておきたい仕事であり、過ごさなければならない期間

2月1日に到着し、早速オーストラリアの異常気象により、30年ぶりの大雨。

およそ1ヶ月間 毎日雨。年間の降水量の1/3もの量が凡そ1ヶ月間で降ったそう。

 
時間軸を戻すと、昨年の2019年9月に凡そ5ヶ月間にも及ぶオーストラリア全土に広まった森林火災はこの異常気象の大雨によって終止符が打たれました。
  

オーストラリアへ渡豪して、1ヶ月のウェイティング期間を経て、次に起きたのは、この1ヶ月間に降りに降った雨の影響で起きた農場の変化。

僕が今所属している農家は森林火災により、ドラゴンフルーツ畑が全滅。
そして大雨によりイチゴ畑が半壊。

時たま晴れたタイミングのみで数時間の仕事をしていました。

ここまでの5週間で働いた日数は5日。 ですので週に1日が仕事のペース。残り83日。
※実働時間が短すぎるので1日の労働が1日にカウントされているかは別です。
 

ある程度の天気も回復し、なんとか3月中旬からイチゴが再開出来るところまで来ました。

昨日の夜、ファームから連絡があり、

ここBurpengaryから近い街のBrisbaneとSunshinecoastから
コロナウイルス感染者が続出したので全農家の消毒作業に入ります。
3月いっぱいは恐らく仕事ができないでしょう。
しかし私たちは少しでも早くの復旧の為に尽くします。

僕の現在の残高がA$100を切りました

3月に入り、オーストラリア内でもコロナウイルスが徐々に拡散し、日本と同じように、マスクやトイレットペーパーがスーパーから消えた。そんな段階にもなってきました。

 

僕の今の心境

始めに前提として、僕は今自分の置かれている状況に多少の不安はあるものの、そこまでネガティブには受け取っておりません。

何故なら、
自分の決めたタイミングでオーストラリアに来て、
自分の決めた街を選んで、

全てを自分で意思決定したから。
 

火事で少なからず生活に支障が起きることなんてわかっていたし、海外生活なんて母国ではないのでわかりません。当然シチュエーションは日本とは異なります。

コロナウイルスも日本に居てももしかしたら自分に支障が起きていたし、

何よりも本当にどうにもならなかったら日本へ帰国しますよ!笑

なので、狼狽てはいるものの、何とかします!

 

仕事が無く、 “今の生活は結構 めちゃくちゃ いや、本当にマズイ” を除いて、

異常な大雨が降ったおかげでオーストラリア全土の火事は終わりました。

コロナウイルスを防止するために農場を消毒します。

なんてのは必要であり、何なら自分の事だけを考えても むしろ有難い。

 

始めはあと1ヶ月遅く来ていれば、ストレートに働けていたなあ。なんて思っていましたが、もしかすると、あのタイミングで無いと来られなかったかもしれません。

僕は今、好きなオーストラリアで生活していて、好きなオーストラリアの為の時間ならむしろ手助けしたいとまで思えました。
 

この辺りは20歳過ぎでは無く27歳でワーホリに来ていて良かったなんて思いますね!笑
※恐らく今の周りの子達のように最悪だなど一緒に発言していたかもしれないので。
 

特別枠としてオーストラリア政府が手弁当での火災ボランティアへの参加日数も2ndビザ日数に加算すると発表しましたが、残念ながら今の僕にボランティアへ参加する経済性がない為、ファームジョブのウェイティングをする事を決めました。

 

とは言っても明日、来週分の家賃を払うと僕の所持金はA$0(笑)となるので、本日より短期のレストランの仕事のアプライを始めた所です。

空いている時間にドライバーズライセンスやRSA(オーストラリア内でのアルコール取扱店で働く為のライセンス)を取得しておいて良かったです!笑
 

今、色々とウェイティングされている方は、時間がある今がRSAオンライン取得のチャンスですよ!!

 

最後に

言い訳に過ぎませんが、海外で生活していると、僕の場合中々ニュースが入って来ない節があります。

シェアハウスにはTVが無いので、基本的にLine Newsでの情報収集。

日本にいる皆さんやカナダの皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

ちょくちょく連絡を頂く友達もおりますが、僕は元気にやっておりますのでご心配なく。

僕を含めた皆さんが楽しく生活できる日が1日でも早く訪れる事を願っております。