≫ Please go ahead if you can't read Japanese!

イェス!オーストラリアパブの定番ミートラッフルで当たった🍖🦐

ミートラッフル オーストラリア
ミートラッフル

皆さん、世界のどこかでおはようございます!ツヨシ(@tsuyoshi)です。

4年のオーストラリア滞在で何度も話は聞いていたパブで毎週やっているミートラッフル。ハムが5KG当たっただとか、ステーキ3KG当たっただとか偶に聞くよね。今回は誘われたタイミングもよくフラッと参加してみたら想像以上に盛り上がっていて、参加するだけでも楽しかった。

とりあえず今回は初参加なので10ドル分だけ…とチケットを買ってみたら、ミートトレイとメインのシーフードトレイの2つが当たった。一人じゃ持ちきれないくらいの量だったので、早速バーベキューを企画。

中々、日本じゃ聞かないイベントなので、オーストラリアに滞在しているのなら是非参加してみてほしい。

–✈︎—-✈︎—-✈︎—-お知らせ—-✈︎—-✈︎—-✈︎—-✈︎—-✈︎-

スポンサーリンク

ミートラッフル

ミートラッフルとは書いて字の如く肉の抽選会。調べてみるとオーストラリアやニュージーランドが中でもポピュラーらしいが、イングランド、アメリカの一部、カナダの一部のパブでも行われているらしい。僕がイングランドにいた時は10代だったので若過ぎだが、アメリカ、カナダ滞在中に一度もそんな話を聞いたことはなかった笑

一言で言えばビンゴみたいな感じで、支払った金額分の抽選券を貰い、呼ばれた番号を持っていた人がトレイ全てを貰えるって感じ。

参加者に対して、当たりの数が少ないので、少ない金額で当たれば多くのお肉が貰える。大家族なんかでも無ければ食べきれない量の肉が当たるので、明日にでも公園でバーベキューしようぜ!ってなるのが自然に感じるのもオーストラリアならではだと思う。

–✈︎—-✈︎—-✈︎—-お知らせ—-✈︎—-✈︎—-✈︎—-✈︎—-✈︎-

10ドルで当てたお肉たち

今回は偶に行く、近所のパブでラッフルに参加した。

ミートラッフル

10ドルで5つの番号が書かれた紙が6枚。軽く飲みながら、番号が呼ばれるのを待つ。一つ目のミートトレイで…

ミートラッフル

サッカーでゴールを決めた時みたいに友達が”よくやった!”と走ってきて記念写真 笑 外国人は恐らく僕しかいなかったので、それこそインタビューみたいに出身地や名前なんかもマイク越しに聞かれた。笑

定番のヨッシーはマリオカートで一番好きなキャラクターだよ!の話も含めてね!笑

その後も他の参加者が他のトレイの抽選を当てているのを横目に、ビールを持ちながら、バーベキューしようか!なんて話している中、最後のメインである地元バリナで有名な会社のシーフードトレイの抽選が始まった。

キャビア、カニ一杯、数キロのエビ、数キロのウチワエビモドキ、トラウト1本、シーフードソース…。僕が持っている番号が呼ばれ、手を挙げた瞬間に 店員さんお客さんからのYOSHIコール が始まった(笑)

ミートラッフル

みんなの前で感想を求められ、Let`s do a big barbie mate!という捨て台詞を残し、世界を救ったヒーローみたいな拍手で見送られながら、席に戻った。笑 その後マルガリータも奢ってもらえた笑

そんな今回僕が10ドル分の抽選券で当てたのがコレ。

ミートラッフル

その時に聞いたが、この会社のシーフードを食べにバリナに人が来るんだよ。恐らく400-500ドル分相当を当てたんじゃない?って言われた。僕以上に、ラッフルにちょくちょく参加している周りの方が驚いて、ハッピーそうにも見えた。

日曜日のBBQ

ミートラッフル

こちらのパブでは毎週金曜日にラッフルをやっている。非常にグッドなタイミングである。土日のどちらが一番みんなが参加できるかを話し合い、日曜の午後に公園でやることにした。

俺も行くし、犬を連れて行くね?もちろん。私の友達も呼んでいい?もちろん。 どの道食べ切れる量ではない上に、数日以内に食べなきゃいけないので、どうせやるならみんなでやろまい!ってトントン拍子に話が進み。

当日はここ3週間ほど続いていたストームによる雨が一切ない晴天の日だった。(31度 体感温度36度)

ミートラッフル

中々日本では見掛けないがこちらでは毎週やっている様なポピュラーなイベントなので機会があれば是非参加してみて!

ミートラッフル