≫ Please go ahead if you can't read Japanese!

AUS国内、原価で撮影依頼(2024で最後)を受け付けています。

オーストラリアカメラマン 海外生活の本音
オーストラリアカメラマン

皆さん、世界のどこかでおはようございます!ツヨシ(@tsuyoshi)です。

いつも僕のブログを読んで頂き、ありがとうございます。いつも僕のブログにつけているこちらのお知らせ。
⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩

–✈︎—-✈︎—-✈︎—-お知らせ—-✈︎—-✈︎—-✈︎—-✈︎—-✈︎-

2024年になったので、また改めて書き直したいと思います。恐らく今年はオーストラリアでの原価での撮影の最後の年となる予定ですので、もし興味がある方は最後まで読んでいただいた上でご連絡@tsuyoshi)いただけたらと思います。

Contents

スポンサーリンク

撮影の条件

撮影の条件とまで堅苦しいものではありませんが、僕がオーストラリアに滞在している期間限定(今年が最後だと思われます)原価で撮ります!

僕の言う原価というのは、僕が滞在しているLennoxHead(NSW)からの移動費用と1泊の宿泊費(要相談)と言った感じ。僕はプロではありませんが、僕の技術と僕の現地観光をトレードする条件です。

この活動は2022年からやっています。

僕のスタンス

まず第一に僕はカメラマンではありませんのでプロでも何でもありません。ただ海外が好きで、2018年からワーホリと観光ビザを使いつつ現地でフリーターをしながら、ゆっくり世界一周をしている人です。日本にいた頃からカメラで写真を撮ることが好きで、旅行をしてはパシャパシャと好きな場所で好きな写真を撮っています。具体的には僕のインスタも覗いてみてください。

僕の個人的な想いとはなりますが、ハイチーズ!の様な写真よりもその場の空気感を撮影できたらと思っていますので、基本的には僕は居ないものだと思っていただけたらと思います。

少しだけオーストラリアにおけるプロのカメラマン事情の話も聞きました。もちろん当然ですが、時間制で受け取られる写真にも限りがあり、選べる写真もカメラマンの好みに影響を受けるそうです。ただ場所によっては僕に依頼するよりもプロに依頼する方が安くなる場合もあると思うので、ご自身の希望に合わせてください。

僕は時間制ではありませんし、撮影枚数制限もありません。何なら必要以上に撮り(自信がないので笑)、全てお渡しするので、ニヤニヤしながら、気に入った写真を保存して貰う形となります。この例はシドニーに韓国から友達が来るって子達の時の話ですが、5時間ほどで450枚ほど撮りました。もちろん若い女の子たちがインスタにアップロードする用の写真ということだったので、中でも多い枚数になりましたが、言ってくだされば僕は気に入った写真が撮れるまで頑張ります。

バシッ‼︎っとカッコイイ最高の一枚が欲しいのであればプロを呼んでもらえればいいと思いますが、一緒にこれいいじゃん!これは取り直してよ〜みたいに一緒に楽しめるのも醍醐味だと僕は考えています。

今となっては日本人と海外の人達の依頼率は半々くらいですが、せっかくオーストラリアに滞在している日本人同士仲良くなれたらとも考えています。

過去のご依頼

2022年からやっておりますので、今までに色んな依頼がありました。ただし、結婚式の撮影だけはお断りさせてもらっています(プレッシャーが大きすぎるので)。

  • 不動産会社のHP用写真の撮影
  • オンラインビジネスミーティングの様子を撮影
  • 成人パーティの様子を撮影
  • 80歳誕生日パーティの様子を撮影
  • 友達が母国から来るので遊んでいる様子を撮影
  • AirBNB用の家写真の撮影
  • 会社のスタッフパーティの様子を撮影
  • 音楽ダンスイベントの撮影 などなど

今振り返ってみると、小規模なイベントやパーティの依頼が多く、中でもバイロンベイ、シドニー、ゴールドコーストからの依頼が多いかな。例えばシドニーは(もちろん時期によりますが)前もって言ってもらえると飛行機が往復100ドル程度の場合がほとんどなので、その程度の金額で僕は行けます。家族旅行や友達が遊びに来るから!って声掛けして貰うことも多々あります。

基本的にこんな写真を撮って!というイメージ通りに撮れる様に努めます。

過去の撮影の一部

キャンプの写真撮って欲しいから一緒に行きませんか?とか一番嬉しいかも!

 

そんな僕のせっかくカメラあるし、みんなでオーストラリア生活を楽しもうよスタンスの趣味。もし共感を頂いて、撮影して欲しい時があったら、是非連絡してちょんまげ@tsuyoshi)