≫ Please go ahead if you can't read Japanese!

観光客はキャプラの吊り橋、ローカルはLynnCanyon

リンキャニオン カナダ
スポンサーリンク

 

皆さん、世界のどこかでおはようございます! ツヨシ(@tsuyoshiです!

 

早速ですが、先日末は僕が今働いているBufalaの友達の中でも、ケシゴム、エンピツ、ソバガスキを話せるDakodaと彼女、そのまた友達とリンキャニオンに行ってきましたのでシェアします!

 

Dakodaの家に集合し、みんなで車で向かいます!

リンキャニオン
また面白い地名に住んでる!笑

   

 

リンキャニオン
Dakodaのインスタはこちら
ここでDakodaの紹介
同じBufalaで働く22歳のイケメン
口数は多く無く、いつも落ち着いていてクール
Old ManとはDakodaの事ではないかってくらい古いものを大切にしている
カメラは4機ほど持っていて60,70,80,90年代物
動画機は40年代物を最近買ったと今回試して見るとのこと
三脚ですら70年代物を使用
映画も50,60年代の世界中の映画を見ている(タイトルも聞いたことのない日本の映画もよく知っている)
家での音楽はレコード
絵が好きでtatooのセンスも良い
最近もブームは村上春樹らしい

もう面白い!!

 

今回僕は、いい意味でツーリストでは無く、よりローカルなポイントに行ってきました。
故に、いい意味でオーソドックスな観光はしていません。

 

というのはリンキャニオンといえば吊り橋!
吊り橋といえば、キャピラノ!
でもキャピラノといえば入場42ドルというド観光客相手な印象もありますが、リンキャニオンは無料!

 

旅好きは真っ先に頭を過ぎらせるワードですよね? 無料か否かって。
※毎◯曜日の午後6時以降無料みたいな美術館は確実に狙います笑

 

今回はその辺はかっ飛ばして、より人の少ないポイントでゆっくりする!をテーマに!

もし吊り橋行ったらって調べながら〜笑

 

https://www.instagram.com/p/BzGLUZbBPCk/

またもう一度来よう!と思いながら!笑

 

少しTrailを進みます!

リンキャニオン

 

さすが地元民!人が居なくて、本当にゆっくりできるポイントを知っています!

リンキャニオン

 

リンキャニオンは本当に綺麗で綺麗で!
※因みに反対岸はこんな人混み〜

リンキャニオン

 

ワインとビールのお供に、自家製スモークオリーブと
朝みんなで焼き上げたフランスパンにオリーブオイル、岩塩、ブラッタチーズを乗せて〜

いや、カナディアンおしゃれかよ!

リンキャニオン

そして絵になるカナディアン!!

リンキャニオン

みんなテンションはあの特有のカナディアンのノリ!
日本に帰っても引っ張ってしましそうなくらい慣れてしまったかも。。。 

リンキャニオン

 

ここではみんなで夏になるとこのグリーンの川めがけて飛び込むらしいです!

リンキャニオン
こんな看板まであります!

立ってみるとめちゃくちゃ怖い!!

リンキャニオン

怖美しい なんて新しいジャンルですな!

 

ここからはDakodaと写真タイム〜

少しハイキングしたり〜

リンキャニオン

少し川沿いを散策したり〜

リンキャニオン

いや〜これこれ! 最高だよ!この圧倒的休日感!!!

 

そして、
ここでDakodaが一言。

 

俺はフィルムカメラ使ってるからとにかく光を大事にしてるんだ!太陽の位置とかね!!

 

もちろん光のことは少しは、いや、ほんの少しだけ意識はしていたけど、そこまで気を遣えていなかったかも。

 

リンキャニオン

もうこんな格好、、Dakodaが太陽みたいに輝いているよ!なんて思いながら笑 教えてもらいました。

 

リンキャニオン

うん、難しい!

光と奥行きの使い方を勉強中です!

リンキャニオン

 

そんなこんなでかなり充実した休日を過ごせました!

 

大きな岩を発見したのでそこでの記念写真!

リンキャニオン

 

最後に今回の1日を動画にしてみました!

手ブレは許してください〜笑

コメント