≫ Please go ahead if you can't read Japanese!

Mulgowie Farmを自主退社して少し遅めのGWにします!

ガトンファーム オーストラリア
ガトンファーム
スポンサーリンク

皆さん、世界のどこかでおはようございます! ツヨシ(@tsuyoshiです!

 

タイトル通り、昨夜の仕事を持って仕事を自主退社しました。

ちょっと遅めのGWだなんて言っていますが、冗談です(笑)
シンプルな自主退社です!
 

こちら含めて計5社働いていたわけですが、やっぱり1ヶ月以上は続かない僕です。
こんなに働いていて2nd通るかな?笑
 

 
そんな僕の今回Mulgowie Farmをやめた理由をシェアします!

 

スポンサーリンク

Mulgowie Farmで働いて

Mulgowie Farmと検索してもらえるとお分かりですが、Gattonにある大手のファーム、というよりも工場です!

5月の頭からこちらで一ヶ月間。丁度4週間働きました。

 

ここはガトンの中でも一番大規模なラグビーファームよりも仕事量も有り、2020年現在では恐らくガトンNo.1だと思います。
 

僕が本当に強く思っていて、望んでいる事。
オーストラリア人と同じレベルでの生活がしたい!
 

それを叶える為には働く職場はオージーと一緒に働きたい!
 

その為に理由はそれぞれ、今までの4箇所のファームは辞めてきたわけです。
辞めたというのか、求めて少しづつ近づけてきたわけです!
 

そんなMulgowieに入社し、初めはPush Offと呼ばれるポジションに配属されました。

ここは本当に最高でした!
 

QLD Gatton Farm

 
なにせこの台湾人しかほとんどいない会社の中でも社員が任される仕事であり、チームは全員社員のオージー!

和気藹々としている環境で、週5,6の1日8時間。そして時給。
朝6時から15時くらいまで。

ここならファーム期間を過ごすのにぴったり!
 

仕事内容は、主に社内へ運ばれてくる野菜を大きなビンへの積み替えと社内改善(の手伝い)。

そんなPush Offで3週間を過ごしました。

ようやく見つけた理想に近いファーム。正直3週間はあっという間に過ぎ去りました。
 

16時頃には家に到着するので、ビールを飲みながら、ネットフリックスしたり、ブログ書いたり。

ファーム期間の過ごし方としては充実していました!

休みの日には、
一部レストランではインサイド飲食も出来ましたよ!

ガトンファーム

 

超がつく程田舎が故によく職場でもカンガルーを見かけます!

ガトンファーム

 

中でもトレンディーなモノはやっぱり、

マイケルジョーダンラストダンス Netflix!

ガトンファーム

どうやら本当に当時の戦略ノートに書かれていたそうなのですが、ファイナルイヤーにラストダンスってお洒落すぎますよね!!!
やっぱり僕は英語が好きです(笑)
  

仮に僕がこのブログを卒業する時が訪れたら、タイトルは、
世界のどこかでおはよう!Tsuyoshiラストダンス!
にします!笑
 

当然、’90時代のNBAにどっぷりハマってしまいました。

現在10話までで完結しています!時間がある方は是非みて見てください!笑

僕の推しは、プレイ/性格までもの全てがCOOLなスコッティピッペン選手です!

ガトンファーム

 

中でもトレード移籍にてデニスロッドマン選手が加入した95−96年シーズンが一番フェイバリットです!

今すぐスラムダンクを読み直したい。笑

 

それもオーストラリアに住む今では、あまり現実的では無いので、せめてものSpase Jamを見返すことにしました(笑)

ガトンファーム

ラストダンスでもこちらの映画の制作秘話を紹介しているので、その後に見るのがGOODです!

 
めっちゃくっちゃ熱量もっての話が脱線しましたので、戻ります!(笑)
 

 

充実した毎日に変化が訪れた事が、
突然告げられた Push Off はシーズンオフに入ります。の知らせ(笑)
 

4週目からはこちらの会社で働く一般的な仕事のパッキングにチーム編成されました。

仕事内容は週5,6で一日11.5時間労働。

午後1230から23時まで。帰宅すると24時前の毎日です。
ひたすら早く早くと大声を出されながら、働きます!
 

この週から一切の仕事以外をも制限される生活になったようにも感じました。
 

僕はたまにプッシュされたり、目の前で手を振られながらおーい!聞こえてますかー?と毎日馬鹿にされていました。笑

たまに オイ!アジア人! とアジア人に呼ばれることも有ります。
ここではほどんどがアジア人なのに。笑
 

全く嫌味を言われても食らわない僕ですが、周りの親切な子たちは僕が言われると直ぐにサポートしにきてくれました。
 

そんな中、みんなが口を揃える 直ぐに慣れる という言葉。
 

確かに初日は本当に辛かった長時間労働の体のしんどさだったりは4日目くらいから落ち着きだし、慣れては来ました。

が、この環境が慣れるというのは、全く理解できないし、慣れてしまう・当たり前になる前にここを抜けなきゃ!と思うと、その日に退職希望の声をあげていました。笑
 

中には嫌になったからすぐ辞めてしまう根性無しだと思う方もたくさんいると思いますが、それを受け入れている上で、理想の為に今回も辞める決断をしました。
 

6月からどうしよう

そんなことを考えていた丁度その頃。
以前働いていて、シーズンオフとなったStanthorpeのSSRからSSR Winterの仕事募集開始します。興味は有りますか?と1通のメールが。

繋いだ!笑

すぐさまYes!と返信し、6月9日からの仕事が決まりました。
 

 
スタンソープには現地で知り合った友達ともまた会えるし、複数のシェアハウスオーナーも知っています。

それにSSRは4週間ほどの仕事量だと連絡が有りましたが、僕の残りファームデイカウントは25日。丁度良い!

 

僕の所にたくさんの問い合わせが来ます。
それも手段の一つです。

とにかくアプライしまくって、連絡しまくってください!

こんなCORONAVIRUSな今ですが、仕事がある人は常にもっています。

僕もこんだけ好き勝手に辞めたり、見付けたり、移動したりしていますが、複数かけたアプライを含めると100は超えるアプライをしています。
メールを返してくれないファームは直接電話も掛けています。

の結果が今の僕だと思うので、とにかく数打ってみてください!

僕らワーホリはこれくらいしかできませんので。
 

そんな僕のファームのラストダンスはSSRで決まるかもしれない話!笑