≫ Please go ahead if you can't read Japanese!

【海外在住】マジカルコネクション風何とも言えないシチュエーション

ワーホリ悩み オーストラリア
ワーホリ悩み

皆さん、世界のどこかでおはようございます!

ツヨシ(@tsuyoshiです!

 

たまには僕の話を聞いてほしい。笑

 

我々、海外在住者でかつそれがワーホリの場合。

所謂、低賃金の外国人労働者になっている僕らですよね。

 

とは言っても、僕は最低賃金よりプラス8-10ドルもらっているので、

ある程度の交渉ができたり、信頼関係は構築できたりも人徳と経験値次第ですよね。

 

留学をしたり、海外へ旅に出たりも過去にしましたが、

労働っていう枠組みで言うとワーホリ経験のあるカナダ、オーストラリアの2カ国。

思うことがあるんですよね。

 

僕はコミュニティはメンバーの為に言動をすることは良く理解しています。

わかりやすくコロナが起きても先ず守るべきものは国民

外国人には滞在はできるけれど、自国への帰国と強く勧めています。

それでも尚オーストラリアに滞在したい!と思っている僕は日本からもオーストラリアからも半分守られて、半分二の次になっている現状に一切不満はありません。

 

実は仕事も全く同じで。

 

基本的に外国人、英語カタコト、労働制限と期間の縛りがある。

そんな僕を採用する、スポンサーの声がけをしてくれる様なコミュニティや飲食店は本当に素敵な店だと思う。

 

ただ、必ずしも素敵なスタッフがいるから環境が良くなるはイコールではないと思っていて、

それは僕がそのコミュニティの真ん中にいる場合にね。

 

スタッフ間との関係もよく、スタッフ同士の関係も良い。

ただシステム上、僕だけがうまくいかない時がある。

 

例えば、みんなでワイワイ〔仕事中に笑〕会話をしていた時、大体怒られるのは僕だけ。

中でも英語がカタコトな僕だけが(笑)

 

暇だからみんなで店を掃除しよう!となった時も恐らく僕ら外国人だけが掃除をしているなんてシチュエーションは結構あるあるだと思う。

 

英語がカタコトだとビハインドユーは数億回学ぶので忘れないってメリットもありますが(笑)、

みんながこの子に教えたいってマインドになるので、誰かのミスや誰かの汚れは大体僕のせいになります。

 

ただそんな細かい話はあまり気にしていないです。

特別差別だ!とも思いませんし、そう言うもんだ!と僕自身も無意識に受け入れるマインドに変わっていますし、

そんな彼らも差別的と言うよりも英語がカタコトを言う要素から助けてあげたい!教えてあげたい!って思っていることを、

僕と彼らの関係上、僕が理解できているからです。

 

コミュニティによっては、そんな誰も意識していないボーダーが少ないコミュニティがあったりもして、

僕は自分にとって良い店、待遇の良い店を探すと言うよりも、

僕なんかでも働きやすい環境をみんなで作っている職場環境で働くために、その店を探しているって感じですよね。

 

なので、違和感を感じたら結構すぐに仕事を辞められますし、

初めましてとまたね!は旅の醍醐味だとも思っています。

 

そのシステム上の違和感を少し感じつつも、職場の環境とスタッフ感は良い!

そんな何ともマジカルコネクション風なシチュエーションは今まで経験したことがなく、どうしようかと悩んでいる最近1週間です。笑

 

僕の言いたいこと、感じていることって伝わりますでしょうか?笑

 

何か意見頂けたら嬉しいです、

SNSで待ってます(笑)

 

今日は少しネガティブでは無いですが、前向きではないお話でした。