≫ Please go ahead if you can't read Japanese!

【ナメクジファーマーの日課】TAXを差し引いた手取り額の振返り。

スタンソープファーム オーストラリア
スタンソープファーム
スポンサーリンク

皆さん、世界のどこかでおはようございます!

ツヨシ(@tsuyoshiです。

 

本日もコロナ後にワーホリへ行く方、今後ワーホリを考えてる方へ!

僕が実際に経験したオーストラリアワーホリのファームの話をしたいと思います!

 

実際に僕も10代の頃にイギリスへ語学留学へ行ったり、
海外へ一人旅したり、
2カ国のワーホリをしたり、

最低限の海外経験はしました。

 

今回は

オーストラリアワーホリのファーム

に特化して実際のところを紹介したいと思います!

 

スポンサーリンク

ファームという海外での過ごし方

先ず初めに。

僕はファームの仕事が嫌いです。

そもそもファームの仕事がしたくなくて、オーストラリア自体のワーホリは始め考えておりませんでした。

結果的に、そんなファームをやらなくてはならない以上の価値を見出したので、来て、

現在は生活している現状です。

 

色々な意見があると思います。

実際に、

  • そのあなたが嫌いなファームで生計を立てている人がいる
  • オーストラリアに滞在したくてポイントが欲しいのでしょう?
  • 本気でもないくせにガタガタ抜かすな
  • 腹が立つ

だったり色々言われましたが、

 

それでも皆さんはオーストラリアへファームをする為に来ているわけではないという前提で話しますので、ご理解いただければと思います。

 

(笑)

 

ファーム仕事はオーストラリアワーホリで2年以上滞在するのに必須となってくる条件です。

 

逆に言うと、
オーストラリア人はあまりファームの仕事をやりたがりません。

肉体労働の割りに高給料のオーストラリアではあまりメリットが無い。

だけれども、国土とファームの市場は大きく、人が足りない。

なので外国人に最低賃金で労働を提供する。雇用を作っている。

 

オーストラリアとしても外国人がファームで働いてくれないと、物価に影響が出ます。

ただ、僕らからすると、ファームの仕事だけをする分においては英語力はあまり関係ありません。

さらに言うと基本的に、どこも誰でも募集している。

 

つまり、ファームで働くことは基本的にはイージーであり、仕事量も会社の分だけ無限とあります。

 

どの道やらなければならないファーム仕事。

結局、その期間が満了してもそのまま継続的にファームで働く人がほとんどです。

 

あれ?
ちょっと待って?

あなたはオーストラリアに何をしに来たんでしたっけ?

 

ここが僕の提案箇所です。

 

実際にあったファーム現場での日本人

オーストラリアでは給料と労働環境が日本とは比べものにならないほどに違います。

例えば、僕はローカルカフェでの仕事をしています。

基本給料が時給25ドル、土曜日は30ドル、日曜は35ドル、祝日は50ドル(笑)

 

ファームの場合はいい会社ですと、時給が24ドル。

ただ時給で働ける会社は少ないです。
時給で働ける枠は少ないです。
 

僕が一番初めに働いたファームは時給換算したら5ドルくらいの日もありました。

仕事をした後に単価を半額に下げられたことも勿論あります。

 

僕自身は9社で100日の労働日数を経験しました。

中でもStanthorpeのSSRと言う会社で、歩合、時給の仕事を3ヶ月ほど。

SSRを引き算をするなら、
8社で40日労働。

つまり、1社につき僕は5日しか働いていません(笑)

 

実際コロナの影響はあり、

仕事量への変化はありました。
 

ただ探せばいくらでも仕事はある、いくらでもいい会社はある。

 

皆さんには
なんで続けられないの?
もう仕事見つからないかもよ?

 

だなんて言われながら、会社を変えるたびに良い条件の職場へと環境変化を自ら成功していました。

 

そんな色んなファームの職場であった皆さんを僕のデータベース上でまとめると、

実は大きな共通点を発見しました。

 

 
お金!!お金!!思考の出稼ぎモンスターしかいない笑
 

 
どこで働いても聞かれる、

前の職場との比較、いくら稼いだか、

毎日仕事終わりにお金の話、稼いだ話。

 

僕は全く興味がない。

それでも聞かれるお金の話。毎日。

 

そうして過ごすワーホリ期間。

あれ?
ちょっと待って?

あなたはオーストラリアに何をしに来たんでしたっけ?

 

ここが僕の提案箇所です。

 

ワーホリとファームの比重バランス

もしかしたら今の現状を肯定したくなる気持ちがあるのかもしれない。

行動するのが怖いのかもしれない。

 

ただ、何をしに来たかを考え直してみるのも良い。

オーストラリアに、ワーホリに、何をしに来たのか。

 

日本を出国する前にどんなイメージをしてきたのか。

 

オーストラリアへ入国して、生活して、楽しくて、忘れてしまう。

そんな人が多い。

 

これからワーホリへ行かれる皆さんがどうイメージしているか僕にはわからないですし、

どんな目的があるのかも分かりませんが、

そんな現状であったり、そうなってしまう人が多い!

と、どこか頭の片隅に入れておくことを勧めます。

 

 

 

そんなワーホリ経験者だから知ってる現状や僕から読者さんのスパイスを聞かせたアドバイスを提供する何かを作ってみよう!とやってみます。

僕は語学学校やホームステイはしていませんので、その話はできませんが、

ファームや仕事に関してなら、エージェントよりもしっかり、具体的なアドバイスができると思います。

エージェントが用意するレジュメでは僕は足りないと思います。

そんな全てを踏まえて、お電話でもメールでもご相談に乗るシステムを考えました。

1000円で今の不安を解消します!

ただ、相談いただく声が多くなってきてしまった時点からこのサービスは終了しようと思いますので、一度SNS等からご相談いただければと思います!

特にローカルレストランでの仕事に関して、
英語が話せないけれど、ローカルで働きたい!

に関してのノウハウは強いです!

よろしくお願いいたします。

 

↓クリックしてね↓

 

世界のどこかでおはよう

世界のどこかでおはよう 

 

 

 

 

オーストラリア
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Tsuyoshiをフォローする
スポンサーリンク
世界のどこかでおはよう