≫ Please go ahead if you can't read Japanese!

QLDのビーチタウンの中でもオージー観光客が多いSeventeenSeventy

SeventeenSeventy観光 QLD Camp Road Trip
SeventeenSeventy観光
スポンサーリンク

皆さん、世界のどこかでおはようございます!
ツヨシ(@tsuyoshiです!

オーストラリアQLD州をCamp Road Trip!
行きたいところへ行く旅!

本日は16都市目のSeventeen Seventyです!

 

クィーンズランド州に住んでる方は一度は耳にした事があるでしょう。

その有名な観光地でもあるセブンティーンセブンティです。
1770と表記されることもありますね。
 

地名を考えても何かありそうなセブンティーンセブンティ!
 

本日はセブンティーンセブンティをシェアします!

 

スポンサーリンク

Seventeen Seventyという街

2011年と少し古い情報にはなりますが、人口が僅か76人と表記されていました(笑)

田舎の観光地村。
とは言え、少ないですよね。笑

 

そんなセブンティーンセブンティの観光業としては、マリーナでの休日“として推しています。
 

無料のBBQスペースやこじんまりとした宿泊施設、レストランやカフェや雑貨屋、ピクニックエリアを展開しており、基本的にはのんびりと過ごせるようなまちづくりをしています。

 

勿論、近くにはいくつかのグレートバリアリーフもありますし、
釣りやキャンプやハイキングとアクティブに楽しめるスポットも周辺に多く点在しています。

自然も非常に豊かで、鯨も度々目撃されているそうです。

 

そんなSeventeen Seventyを旅します!

 

Seventeen Seventyに訪れて

いつもは朝ごはんにバナナとコーヒーだったり、マンゴーとコーヒーだったりするのですが、

本日は朝から洒落たカフェがたくさんあるセブンティーンセブンティですので、

SeventeenSeventy観光

ガッツリとワッフルです(笑)
 

アメリカを横断された経験のある方なら恐らく共感いただけるのでないかな?と思うんですけれど、アメリカ横断をしていた時はほとんど毎日のようにあのスッカスカなワッフルを食べていた気がします(笑)

 

目的地はセブンティーンセブンティの最先端です!

時間に問わずかなり車が混雑しており、ぐるぐると運転をし続けながら、開いたスペースに駐車することになるので、行かれる際には朝早い時間をお勧めしますよ!

 

SeventeenSeventy観光

先ず、
駐車場すぐから眺める景色が既にGOODなんですよ!笑
 

SeventeenSeventy観光

それから10分もかからない程度にこんな道を進んでいきます!

 

そんな道中から見える景色です!

SeventeenSeventy観光

 

うん、悪くないですね!

 

SeventeenSeventy観光

そしてLookoutですね。
 

こちらからの景色の方がGREATですよね!

 

SeventeenSeventy観光

どこへ訪れても存在する入っちゃダメですよ!の道(笑)
オージー危険立ち入り禁止入りがち(笑)
 

の割りにはきちんとした道となっています。
昔は入る事ができたのかもしれませんね。
 

 

セブンティーンセブンティでの観光は一番のメインとなるこちらのみとなります。

周辺でゆっくりできるチルスポットで過ごしたり、僕のようにカフェへ出かけてみたり、

基本的にはこのように時間を忘れて過ごせる街。

 

 

帰り道にガソリンを入れるがてら立ち寄った雑貨屋さん

雑貨屋さんというよりもギフトショップという感じでしたが、こちらではクルーズや宿泊施設もされている小さなショップでした。

たまたま立ち寄り、たまたまお店のお母さんと話していると息子さんが日本人と結婚されたとか。
 

ついでにココセブンティーンセブンティの地元の若手ローカルアーティストがデザインした帽子やシャツも販売されていました。

つい応援したくなる気持ちと現地に触れた特別感と僕好みのデザインであったことも合わせて購入しました。

SeventeenSeventy観光

どうですか?
中々に洒落ていますよね!笑

訪れた地域に触れて受け入れる
ワーホリにおいて一番大切な要素なのではないかなと思います。

 

そんななんとなくいい気分となれたSeventeen Seventy旅でした。

 

Seventeen Seventyを旅して

今まで訪れた田舎の観光地の中でダントツに人が多かったスポットにも感じました。
勿論、僕が訪れている日時であったりでの影響もあると思いますが。

 

ただそれだけオーストラリア国内においてもメジャーな場所であり、人気の場所でもあります。
 

皆さんご存知の通り、
オーストラリアには素敵なビーチタウンがたくさんあります。
 

セブンティーンセブンティは非常に綺麗でした。

ただ、僕の個人的な主観で見ると、
ポートダグラスの方が好きでした。

今回で一番好きだったビーチタウンはエアリービーチでした。

実際に訪れてみると、例えおんなじような場所でも、同じようなサービスをしていても、

なんとなくの地域性であったり、特色が垣間見られます。

そのなんとなくの完成で僕は十分だと思います。
実際にご自身で足で訪れて、目でみて、肌で感じてみてください!

もしかしたらオージーがよく訪れるビーチタウンがセブンティーンセブンティである理由がわかちゃうかもです!笑

 

そんなキャンプトリップも残りわずかです。。。

あ、そういえば最近はキャンプをしている写真を載せていませんでしたね。

毎日キャンプはしております!(笑)

SeventeenSeventy観光