≫ Please go ahead if you can't read Japanese!

【Cradle Mountain】壮大な景色←どの程度を想像しますか?

CradleMountain観光 AUSラウンド
CradleMountain観光

世界のどこかでおはようございます! ツヨシ〔@tsuyoshiです!

 

本日も引き続き、タスマニア島を8日間ロードトリップを共有します!

〜Cradle Mountain編〜

 

タスマニア島といれば?

恐らく一番の観光スポットであり、ランドスケープな魅力のある場所!

 

訪れてみて感じたのは、やっぱり

オーストラリアに来たらのなら、行っておきなさい!

です。笑

 

前回までの、

とも合わせて読んでみてね!

 

スポンサーリンク

Cradle Mountainという山

クレイドルマウンテンはタスマニア島のセントクレア湖国立公園内にある1545Mの山です。

 

ここ、クレイドル周辺でもヨーロッパからの入植者から迫害を受け、

生活の基盤となっていた、1800年代中盤に狩猟を法律で禁止されたり、

1800年代後半に土地を燃やされたり、

1900年代前半に私有地とされ、立ち入りが禁止されたり、

さまざまなドラマがあったそうです。。。

 

その後、オーストリアからの入植者によって
 

“これは常に人々にとって国立公園でなければならない。
それは壮大であり、人々はそれを知って楽しむ必要がある”

 
と宣言され、大切な場所として保護され始めたそうです。

 

僕が思うに、原住民アボリジニの皆さんは彼らが来るずっと前からそう思っていたし、

私有地にされたり、土地を燃やされた時に悲しみを覚えたと思うよ?

なんて感じつつも、

そんなクレイドルマウンテンを散策します!

 

Cradle Mountainを散策

あ、そういえば、今までお話ししていなかったのですが、タスマニアでは各所入場券が必要になります!

NY友でもそうだったんですけど、2週間パス、1ヶ月パスみたいな遊び放題券が各所受付やHPでも購入できます。

僕らはオンラインで2週間パスを85ドル程度で購入したので、スムーズに入場できました!

 

受付からはバスで移動します。

バスに乗らないと国立公園内に入ることができません。

バスに乗る前に靴を除菌し、自然への保護をします。

 

こういう海外がしっかり時間とお金と制度を使って、
自然を守るって姿勢にはいつも感動します。

 

CradleMountain観光

どの程度周るかによるんですが、よく聞くのは4–6時間を見ておく。

僕らは道に迷ったり、無罪だったけど警察の方とお話しする時間が予想外にできたので(笑)、ギリギリだったので、現地で使える時間は4時間程度でしたが、なんとかほとんど全てを周ることができました!笑

 

休憩も少なかったので、もし行かれる方は丸1日は用意しておいた方がいいです。

 

数多くはありませんが、いくつかのコースとコースによって、ショートカットしたり、大回りして色んな景色を楽しんだりできるので、

体力やコンディションを考えながら、現地でもコースを決めることができます!

 

前半、後半は広〜〜〜〜〜大な景色を眺めながら、こんなコースをトレイルします!

CradleMountain観光
CradleMountain観光

 

さながら、ロードオブザリング!

どこかニュージーっぽいと皆さんが仰るのも納得!

 

中盤は結構ハードなコースもあります!

CradleMountain観光

 

写真で見るより、現地では、先の道を見ながら、この先を進むのか!!!!

と圧倒される場面もちらほら。

 

CradleMountain観光

僕らの2倍とかの時間を使って、歩いている年配の方なんかも見掛けるので、

弱音なんて吐いていられない(笑)

実は元気もらっているのはこっちだったりもしますよね!

 

因みに山頂には湖が!

正直驚きました!

CradleMountain観光

 

周りには何も無いので、すーごく壮大!広大!なんですが、

とんでもない風量でもありました(笑)

 

ポイントポイントで近くを歩いている人たちと、景色を眺めながら、

CradleMountain観光

おやつ交換をしながら、休憩したりね!

 

こういう距離感は、外国人の素敵なフレンドリーさを感じられますよね!

 

 

そして、コースの終盤になってくる時間帯になると、

野生のウォンバットが動き出す頃合いなんです!

CradleMountain観光

 

よーく出来ています!笑

 

数もそこそこいましたし、割と近くまで来てくれるんですよね!

CradleMountain観光

 

勿論、野生動物への餌やりはダメですし、歩道以外の侵入も禁止です!

 

ここでは自然へのリスペクトが最優先!

皆さん、必ず守っています!!

 

野生のカモノハシとタスマニアデビルはめちゃくちゃ探しましたが、見つけることはできませんでした。。

 

ただ、ウォンバットは見られたので、満足でした!

 

アメリカのサンディエゴ動物園に行った時ぶりのウォンバットかな?

ペンギンも恐らくそう。

 

世界中の色んな野生動物を見た後に、また改めて、サンディエゴ動物園に行ったら、それはめちゃくちゃ楽しそう!

 

Cradle Mountain観光して

行ってみて、やっぱりよかったですね~

何がいいって、オーストラリア本土のナショナルパークや広大な景色とはまた一段違う雰囲気がありました。

どっちが良い、悪いではなくて、全く異なる自然の顔。

もちろん、入水禁止の川や日焼け止め等の人工物禁止など、色んな形での自然への思いやりがあるわけですが、

現地で強く感じた、歴史とリスペクトはクレイドルが一番でした!

 

皆さんの言う、広大!の意味合いも多少違ったりするものですが、また一つの基準が変わったりするかもですね!

 

今までの記事も含めて、これから始まる夏!

タスマニアに行く予定がある方は是非ともお気軽にDMください!

タスマニアを共有し合いましょう!