≫ Please go ahead if you can't read Japanese!

観光島では無い?ゆっくり過ごすに最適ブルーニーアイランドに訪れた

ブルーニーアイランドロードトリップ AUSラウンド
ブルーニーアイランドロードトリップ

世界のどこかでおはようございます! ツヨシ〔@tsuyoshiです!

 

本日もタスマニア島を8日間ロードトリップを共有します!

〜Bruny Island編〜

 

前回に、本島編を紹介したので、合わせて、タスマニア旅行の参考にしていただければと思います!

 

行ってみた感じたのは、皆さんが仰るほど、観光島ではなかったという事。

そんな僕のブルーニー島観光をシェアします!

 

スポンサーリンク

Bruny Islandという島

 

タスマニア州で恐らく一番人気の離島です。

とはいってもタスマニア州自体が島々からなる州ですし、本島はタスマニア島なのですが(笑)

 

1792年に島であることを発見したフランスの探検家、ブルニーデントレカストさんからブルーニー島と名付けられたそう。

僕いつも思うんですけど、外国人の冒険家や探険家に発見され、彼らの名前に因んで名付けられた。

なんて歴史はよくあるんですけど、そのずっとずっと大昔前から原住民はいるわけで、

なぜ、そのタイミングで地名が決まるのかな?

って(笑)

 

それだけ自分たちの移住地に名前をつける概念がない程に、文明が進んでいなかったんですかね?1700年台後半だと。。。

 

上のGooglemapを見てもらえればわかるのですが、

島内はノースとサウスに分かれていて、陸続きで、いびつに分かれています。
 後から写真でも説明します。

 

ブルーニー島を含め、オーストラリアの各所に灯台があります。

それだけヨーロッパから冒険家や植民地時代の流刑者がオーストラリアに来る。

灯台の歴史は、原住民のことよりも、外国人からの理不尽な建設が理由な気もします。。

 

僕はブルーニー島で経験できなかったので、本編では登場しませんが、

アルビノワラビーオーロラが見られる、野生のペンギンが見られるなどなど、

見どころの多い島です!

ペンギン注意の看板もあった気がする。

 

さて、本編へ行きます!

 

Bruny Islandを散策!

今回の僕らの目的は、キャンプ、釣り、ゆっくり観光すること!

 

見所は多いと言いつつも、島としての規模も大き過ぎず、ギュッと凝縮されていますので、基本的にゆっくり過ごしました。

 

先ずは、朝の便で車ごと島へ移動します!

僕らの車、発見できますか?笑 DCトラックの前のワゴンですよ〜笑

ブルーニーアイランドロードトリップ

往復40ドルくらいだったかな?

 

島に到着したら、早速腹ごしらえ。

島で有名な牡蠣のレストラン。

ブルーニーアイランドロードトリップ
ブルーニーアイランドロードトリップ

 

正直に言っていいですか?

 

僕は海外で美味しい牡蠣を食べたことがありません。

海外で美味しいは日本でいう そこそこ ってくらい。

日本での美味い牡蠣を海外で食べたことがないです。

ここの牡蠣は、日本のそこそこ、海外の美味い!ってのが正直。笑

 

そこから、アルビノワラビーと野生のアザラシを探しつつ、島民にどのあたりで見られるか聞きつつ、島内をドライブ〜

 

それでもどうしても見つからず、餌釣り!(笑)

待っている間に、ビールを1本飲みつつ、軽くBBQ!

最高!

 

離島遊びで一番の贅沢だと思うなあ。

島って、何をしてもいいよ大喜利だもんな〜笑

 

ブルーニー島一番の有名観光地といえば、ココ The Neck!

ブルーニーアイランドロードトリップ

 

あ、すんません。

フィルムで撮影した方は失敗でした(笑)

ブルーニーアイランドロードトリップ

 

見るからに美しいですよね!

ズバリ、ネックがノースとサウスを分けている場所なんですよ!

島で細ーーーーい地形になっているので、両端がビーチ笑

結構、サーファーさんや釣り人もいましたよ〜

 

現地では6時間程度の滞在でしたので、こんな感じでした!

 

Bruny Islandを観光して

どうだった?と聞かれたら、凄く良かったんですが、

皆さんが仰るほど、観光島ではないなあ。と思った。

 

香川の直島みたいな観光島とは違い、割とゆっくり過ごすような島。

アップ トゥー ユー島(笑)

 

とは言ってもせっかくタスマニア島に来るなら、勧められる島です!

 

ぜひ、次回のタスマニア旅行の参考にしてください!

 

予告!
次回はCradle Mountainをシェアします。