≫ Please go ahead if you can't read Japanese!

まだ時間あるし、AliceSpringsに少し滞在しよう。

AliceSpringsワーホリ Australia Road Trip
AliceSpringsワーホリ
スポンサーリンク

皆さん、世界のどこかでおはようございます! ツヨシ(@tsuyoshiです!

 

2021年12月17日から始まったオーストラリアロードトリップも

本日で35日、
総走行距離が11,400KM

を超えました。

僕が以前住んでいたLennox Headから、QLD州に入り、現在はNT州。相当ゆっくりキャンプしながら観光しながら少しづつ進んでいます。

旅行と異なり、旅には予定変更は付き物。もう既に、予定よりも長期滞在をしたり、予定よりも消費もしていて、更にはタイヤも4本替えたりと出費が重なった事もあり、QLD州に帰る前にどこかで短期滞在しようかと考えていたのが先週。

少し興味があったけれど、Uluruではローシーズンということもあり、ピカイチではなかったので、Alice Springsに滞在することに決めました。

とは言っても、家がなければ仕事もないので、早速アポを取り、本日、このブログを書き終えた頃に面接へ向かおうと思います。

本日中に家と仕事が決まらなければ、SA州へ移動するかもしれませんが、NT州の雰囲気が個人的には好みですから、短期の滞在はできれば楽しいだろうと思っています。

そんな旅中の僕の今の心境をお話しします。

もし興味があれば、精読ください。

 

スポンサーリンク

僕の旅行と旅

旅行と旅の違い

定義だなんて固っ苦しい話はしたくないので、フィーリングで話しますが、自由度の差だと僕は捉えています。

日本でフルタイムで働いていて、決められた週末や大型連休に行くのは旅行。仕事にゆとりがあったり、仕事をしていない時に行くのは旅。そんなざっくりとした感覚。

つまりお金や時間に縛りがあるか無いか。自由度のあそび。

日本で仕事をしていた時は旅行しかできなかったけれど、海外に住む様になってからは旅をする機会が一段と増えた。

行くたくなったら、少し前からセービングして、仕事を辞めちゃえばいいから!シンプル。笑

旅中にお金の心配が出てきたら、現地で働けばいい。必要分が貯まれば、また旅を継続する。

そんなシンプルで純粋な生活が単純に欲求を満たしてくれると思う。

本当に大切なのは、

何の仕事をしているかよりもどんな心境で仕事をしているか

だと思っている。

 

答えを求めるな

特別に日本の民族性では、結論に目が行きがちだとも思っている。

例えばそれは、

  • どこに行くの
  • 何がしたいの
  • いつ帰るの
  • その後はどうする

よく聞かれる質問の一部。

マジョリティでは無いかもしれないが、みなさん各々の生活に当てはめて、ブーメランにしてみても案外答えられないものだよね。

未来は誰にもわからないので、天才がプー太郎をしていようと、一般人が大企業に勤めていようと正解は分からないが、将来が不安だと言われている僕のココ3年は少なからず楽しいでした。

それで十分。

見えない未来の不安よりも、くっきりと見える今を楽しむのが僕のスタイル。

フット後藤さんの言葉を拝借するなら、俺ジナル(笑)

 

僕とオーストラリア

何度もオーストラリア国内は長期短期含めて、出掛けていましたが、今回は過去最大級の旅。

それはなぜか?今年はニュージーランドに引っ越そうと思っているから。

恐らく今回は最後のオーストラリアジャーニーになると思う。

残り1週間でオーストラリア生活が丸2年となる。2021年は、何年も振りに1年間を一つの国だけで過ごした。そろそろ海外へ出掛けたいよね(笑)

そんなオーストラリアへ渡豪するのは今が一番おすすめ。なぜなら、

  • 90日以内入国でワーホリビザ全額返金
  • 60日以内入国で学生ビザ全額返金

というスーパーメガセールをしているから。しかも隔離は免除。

理由は働き手不足。スーパーに商品がないのも労働者が少ないから。

つまり、現地での仕事も少なからずあるって話。個人的には今がチャンス。

僕とはもしかしたら入れ違いになるかもしれないが、もし質問があれば、可能な限りで答えますよ。
(→@tsuyoshi

旅の先に

アリススプリングスにどの程度滞在するかはまだ一才決まっていませんが、今後は

SA州→VIC州→NSW州→QLD州→NZと移動する予定ですから、もしチャンスがあれば、キャンプでもしながらビールでも乾杯しましょう!

僕は一人ですから、ある程度は予定合わせられますよ。

あと良さげな観光スポットも共有ください。

現地集合の現地調達の旅ほど面白いものはありませんから。

どんなルートでどんな人と出会って、どこへ行くかはまだ未定ですが、どの道楽しみです。

次回の記事はどこで書いているかも分かりませんが、お楽しみに。