≫ Please go ahead if you can't read Japanese!

トロントは都会が得意では無い、僕らでも楽しめる観光大都市です!

トロント カナダ
スポンサーリンク

 

皆さん、世界のどこかでおはようございます! ツヨシ(@tsuyoshiです!

 

今回はカナダ国内旅行シリーズです!
2都市目はトロント!!

早速シェアしますね〜♪

 

スポンサーリンク

トロントという街

僕のブログ上の話にはなりますが、旅行ではなく旅をテーマとしていますので、今後とも街表記とさせてもらいますね!笑

今回はトロント!
バンクーバー人からするとトロントは大都市!大都会!!

愛知県出身の僕からするとそのほとんどが、名古屋と東京!
そんなイメージの都市関係でした。

それにこれも僕のイメージではありますが、どの国に行っても西に比較して東の方が綺麗なイメージがあります。

LAとNY
バンクーバーとトロント
大阪と東京(笑)

あ、でもスペインはマドリッドの方がバルセロナより綺麗だったな。
※僕は断然バルセロナ派です。

トロントもバンクーバーと比較してかなり綺麗な街でした。

 

僕は基本的には田舎出身の田舎好きなので、
あまり大都市に行かない+あの都会特有な雰囲気が得意ではないのですが、
トロントにも所謂 東京感 があったような気がします。
※全体的に早足で急いでいるイメージ

それだけではなく、都会の中でもビルが多いといいますか、オフィスが多い印象もありました。
1泊2日でしたので探せばもっとあると思います。

 

そんなトロントの都会をきちんと紹介すると、カナダで1番。
北米でNY LA シカゴに次いで4番目。260万人以上が住んでいるとの事。

僕の出身、碧南市は7万人。

 

移民が多いトロントで生まれ育った人をトロントニアン(Torontonian)と呼ぶらしい。

※これはバンクーバーがそうであったようにあまりいい意味ではないような気がします。(逆に差別的意味あいの言葉もあると思います。)

 

そんなトロントを観光してきます!

トロントを観光して

 

今回のテーマとして実は 行きたいところに行く旅 というコンセプトがあります!

基本的には 毎日ホステル生活 。

今日はここです!

SUPER◯◯INNなどよく見かけますが、
僕はスーパーシリーズと呼んでいます!笑

今回の旅でホステル事情にも少し興味が湧いてきたのでまたご紹介しますね!

 

そしてトロント観光1カ所目はココ!

皆さん行かれいると思います、ダウンタウンのNathan Philips Squareです!

僕が行った時期は凍っていましたのでアイスリンクになっていました!

 

続いてロイヤルオンタリオ博物館

現在アートといえばこれ!

見る人によって変わる感想。
そして見る時によって変わる感想。

今回の旅のテーマ 行きたいところに行く旅 もそうです。
行きたいときに行きたいところへ行くこと、その時の自分の感性を大切にすること。

こういう時こそ芸術に触れるべきだと思いますね!

文明を表現していますね!
昔と現代。

モノが便利になっていく分、思考が停止しないようにしたいです!

 

 

そして次なる目的にへ!

現地でたくさんお世話になった、メガバス、グレハン、ボルドバス!

 

目的は死ぬまでに行きたかった場所リストにも入っている(バケットリスト)
ナイアガラの滝!!!

いやあ〜天気よ!天気運には相変わらず恵まれず、
ただ凄い滝です!!!

いくつかあるナイアガラのうちのこちらがメインの滝となります。

この距離でも常に滝の水しぶきが舞っていて、常に土砂降り状態。

クルーズ船で近くまで行けるのですが、それはもう凄い迫力で、凄い音派手で楽しいと思いますので、行かれた際は行ってみてください!
※僕は貧乏旅なので、この距離から見ていました泣

 

中にはこんなにも小さいナイアガラの滝まであります。

流石にこの滝を見ていたのも僕くらいで、皆さんスルーされていました笑

 

そんな1泊2日のトロント観光でした

トロントどうだった?と聞かれたら、僕的には1度でいいかな!でした。

ですが、カナダの大都市、そしてナイアガラの滝と、旅行で来るなら楽しめるポイントはたくさんあります。

またナイアガラの滝に関しては今回僕はカナダ側からしか見ていません。

アメリカ側からみるナイアガラはカナダ側からよりももっと近くで見られるので、
全体こそ見られませんが、その迫力をより体感できるそうです!

ですので次はアメリカ側からのナイアガラの滝を見に戻ってこようと思います。
※カナダじゃないので戻っては来ませんね。笑

そんなカナダ国内旅行シリーズでした!

あ、そういえばロイヤルオンタリオ博物館で僕の親戚が偶然博物されていたので記念撮影しました!笑

コメント