≫ Please go ahead if you can't read Japanese!

オーストラリアに愛されたルーキービール!YAK Brewing!

YAKオーストラリア オーストラリア
YAKオーストラリア
スポンサーリンク

皆さん、世界の何処かでおはようございます! ツヨシ(@tsuyoshiです!

 

最近はじめた、

仕事終わり、寝る前に毎日ビール1本飲んで寝る!
〜オーストラリアのビールを全部飲んじゃおう!〜

のシリーズです!笑
 

本日はYak-Brewingについて!

 
中々にCOOLなデザインの多いオーストラリアビール!

そんなYakをシェアします!

 

前回のオススメビール James Squire はこちらから読んでみてね!

 

スポンサーリンク

Yak Brewing

YAKビール

正式会社名はMatilda Bay Brewing Companyです。

このYAKの写真も日本では絶対に絶対に使わない写真ですよね!笑 

 

西オーストラリアにあるこちら会社、第二世界大戦後に最初に出来たオーストラリアの醸造所であり、国内初のクラフト醸造所でもあります!

 

元々は、1984年当時、地元である西オーストラリアのSail and Anchor Hotelへ卸すためだけにビールを醸造していました。

それでも人気は高まり、1989年に本格的に独立した醸造所を立ち上げる歴史があります。
 

コンセプトは伝統ある北米のペールエールをより飲みやすく!
 

しかし、人気と成功とは裏腹に1990年代にカールトンアンドユナイテッドブリュワーズに買収されます。

Yakシリーズのビールが販売されて更に人気が出だした頃は2015年。

この年が会社の過渡期となったようです。

 

そこから少しずつ種類も増えていき、2019年にはRusty Yakをリリースしていることから、これからどんどん伸びるビール会社!と言うことが伺えますね!

それを裏付けるかのように、

 
未来?私たちは水晶玉を持っていませんが、私たちがあなたに言えること。
それは私たちはあなたが愛する飲み物を醸造し続けます。
Yak Brewingのこれからにご期待ください。
 

と会社が言っています!

こう言う部分がやっぱりおしゃれだなあと思います!笑

 

YAKビール
Yak Brewingの公式HPはこちら

 

Yak Brewingのテイスティング

こちらの会社のYakシリーズの特徴は、地元産のホップからの強烈な苦味と独特のフルーツと柑橘類の香りだそうです。

とは言っても特にビール通では僕が感じたことはこんな感じ!
 

デブなYAK!  FAT YAK!

YAKビール
公式ページに飛べます。

そもそもヤクとはリギュウの事。
つまり背景にも描かれているこの牛さんですね!

調べてみるとこのシルエットまんまな動物でした。
 

そんな一頭目(笑)はレギュラーなこちら!

オリジナルとも表記されている通り、スタンダードなペールエールですね!

  • IBU 25
  • ABV 4.7%
 
率直に美味い!麦の味と微炭酸。
ビールを飲んでいると思える味!
苦味も程よく、BBQやPizzaなどで一緒に飲んでも良さそう!
正直オススメです!
 

 

野生のYAK! WILD YAK!

YAKビール
公式HPに飛びます。

二頭目(笑)はこちら!

こちらは結構甘めのかなりフルーティーなビール!

飲んでいた時はそこまで感じませんでしたが、HPにはメロンとパッションフルーツで南洋をイメージ。アロハ!と言ってくださいなんて書いてある。笑

そうそう、こういう所好き!笑

  • IBU 18
  • ABV 4.2%
 
炭酸が強めでマイルドで結構甘めなテイスト。
見た目も澄んだ琥珀色でキレイ。
それでもしっかりモルツ感はあります!
説明通り、和食よりもハーブ系の効いた南国料理に合いそう!
 

 

怠慢なYAK! Lazy YAK!

YAKビール

三頭目!

セッションエールと呼ばれるビールで、シトラスとほんのり苦味のあるビールだそう。

所謂フルーツビールです!

イエローなデザインはどことなく洒落ていますよね!

  • IBU 14
  • ABV 3.5%
 
まず飲んだ瞬間シトラスフレーバーが口の中に広がる。
好き嫌いが分かれると思いますが、
レモンの酸っぱさが一番効いてるほんのりシトラス。
ご当地だったりであるようなマルマルフレーバービール!
なんかよりは品のある程よいフレーバー。
個人的には次は飲まないけど、味はまずまず(笑)
 

 

錆びたYAK! Rusty YAK!

YAKビール

続いて四頭目!

もう良いですね!笑

こちらは缶のみの取り扱いのジンジャービア!

錆びたというくらいですので、なんとなく辛そう。。

  • ABV 3.5%
 
カナダドライのような味。
甘味もあって、ジンジャーというよりも
生姜!って味がする。
ビール感はあまりなく、
本当にカナダドライのジンジャエールの味!
 

 

 Yak Brewingを飲んでみて

残念ながら、本当に残念ながら、僕の今住んでいる田舎の超田舎のGattonの酒屋さんでは残りの1種は取り扱いがありませんでした。
 

こちらのYAKシリーズは他に、
 

材木YAK! Lunber YAK! 

YAKビール

オーストラリア産のマウンテンりんごサイダー!
があります!

 

コンセプトと名前の通り、トレイルの目的地で飲みたい一頭!
勿論こちらはノンアルコール!
 

※それぞれの写真から商品ページへ飛べます。

 

すでに人気はあるものの、まだまだこれから成長のあるビール会社!

僕がオーストラリアにいる間にでも変化が見られそうで、楽しみです!

それでは、本日もCheers !

YAKビール
公式HPはこちら