≫ Please go ahead if you can't read Japanese!

僕のフェイバリットな滝、Dalwood Fallsが好きな理由。

K&F可動式NDフィルター オーストラリア
K&F可動式NDフィルター

皆さん、世界のどこかでおはようございます! ツヨシ(@tsuyoshiです!

 

今回は僕が最近ハマりにハマっている滝について紹介したいと思います!

 

大きな場所だとナイアガラの滝から、割と地元から近い白糸の滝まで幅広く。

因みに国内で訪れた滝の中でのお気に入りは、富山県の称名滝

色々と滝は観光していましたが、今思うとあくまで観光地としての訪れ。

 

僕が20前後あたりの頃に海外に訪れていた時でいうチャーチのような感覚。笑

 

オーストラリアにはすんごい数の滝があり、規模こそ大きくはないものの、程よいサイズ感に人も少なく、ほとんどプライベートのように滝でリラックスできるので、

心なしか強くマイナスイオンを感じられると言いますか、静かでいいんですよね!

 

少し前置きが長くなりましたが、
本日はNSW州にあるDalwood Fallsについてシェアします!

 

スポンサーリンク

Dalwoodという滝

NSW州北部にあるダルウッドフォールズと呼ばれる滝。

位置的にはバイロンベイのあたりでバイロンから車で30分程度。

僕が住むLennox Headからは20分程度なので比較的アクセスが良い。

 

前回のKillen Fallsは15分程度で到着したので、ダルウッドフォールズより手前になるはずだが、

キルンは圏外で、ダルウッドは電波が立っていた〔携帯の電波〕

 

10分程度の比較的簡単なトレイルの先にある滝で、自然に囲まれつつも、自然の中にできた天然プールのような滝壺となっている。

現在は自己責任での立ち入りになっていて、入り口には

死亡者、怪我人がたくさん出ている。安全ではないエリアですので、気をつけて!

と書かれた看板が建っていた。

 

行ってみて感じたが、普通に行く分には問題ない。

飛び込んだり、調子に乗ってしまう若者が多いことが原因だと思う。

ただ、他に観光客はおらず、僕一人だけだったので、ちょっぴり怖かったのはここだけの話。笑

 

パッと行けて、パッと到着して、遊べる程よい距離感での静かなスポットですので、バイロン周辺に訪れたのならおすすめしたい滝です!

 

Dalwood Fallsに訪れて

バイロンベイワーホリ
バイロンベイワーホリ

最初にメインの滝を紹介する!

今回は実は僕のブログのスポンサーをくださっているK&F Conceptさんから新しいNDフィルターが届いたので、それを試し撮りしてみよう!がきっかけでしたので、基本的に画角が85MMの単焦点であることは見逃して欲しい(笑)

 

綺麗でいいですよね!ご覧の通り、迫力のある 滝!! ではなく、こじんまりとしたチルアウトなたき。

暑い夏の時期なんかは滝壺で日光浴をしながら、風に揺れる木々の音を聞きながら、ゆっくり過ごす!

なんて休日も魅力的だよなあ。。

 

先ほどから言っている滝壺というのはこんな感じ!

バイロンベイワーホリ

落ち葉と雨が最近降っていなかったので、若干水は濁って入るけれど、いい感じの雰囲気は伝わると思う!

いいですよね!普通に遊ぶ分には怪我や死亡だなんて考えられない場所ですよね!

 

そんなDalwood Fallsでした

車を駐車してから簡単なトレイルを10分。その後程よいサイズ感の滝がある!って場所ですので、どうしても見せられる写真の枚数が少なかったんですけど、どうでしたか?

 

ナイアガラの様な大きくてド迫力の滝ももちろん好きですけど、あくまで観光地として

休日にちょこっと訪れるには、程よいサイズ感と人の少ない静かな場所で、滝を見ながら、チルアウトするっているような環境が好きになったきっかけでした。

 

心なしかマイナスイオンが目に見えると言いますか?

少し、スピリチュアル過ぎましたかね?笑

 

日本の滝でもそれは十分に感じられると思います。

僕が訪れた中で、程よい人の数と静かさを合わせつつも、落差の大きい見応えのある滝は称名滝でした。

皆さんにもご自身のフェイバリットな滝が見つかるといいなと思います!