≫ Please go ahead if you can't read Japanese!

海外生活にオススメ!スマートウォッチHauwei Band7⌚️

ワーホリ留学スマートウォッチ 海外生活の本音
ワーホリ留学スマートウォッチ

皆さん、世界のどこかでおはようございます! ツヨシ(@tsuyoshi)です。

気が付けば海外生活も4年が経ち、2017年の僕と今の僕とでは感性も感覚も全く異なることを改めて実感しています。

携帯もiPhoneからAndroidへ。イヤホンも無線から有線へ。そしてGshockの腕時計からスマートウォッチへ。

今回は僕が今使用しているスマートウォッチの新機種が出たので話そうと思う。何故なら、いい製品ですし、売れてもいるわけですが、日本においては国を上げてのAppleのマーケティングにより、アップル製品以外が強く浸透していないから。

今回はHauwei Band7についてお話しします。

Hauweiのスマートウォッチといえば、オリラジの中田あっちゃんがメインで使用していることでも有名ですよね。

何故海外生活を通してイヤホンを無線から有線化したのか?デジタル腕時計からスマートウォッチにしたのか?等理由の詳細は、以前の記事をご覧ください。

スポンサーリンク

Hauwei Band7というスマートウォッチ

先ず、初めに。

僕はスペック云々の話はしませんから、気になる方は一度このままページを閉じてもらって、Youtubeで検索してみてください。

▼オススメのレビュー(笑)

製品分野の平均をアップル製品群と考えないでください。アップル製品は基本的にフラッグシップです。上位モデルです。だから決して安価ではありません。

とは言え、アップル製品が高い!という声は実際世界中からも出ていて、結果、iPhoneにしてもMINIや無印の様な安価モデルの生産を始め、現状、安価モデルばかりしか売れていないというのが現状です。

安かろう悪かろうはあります。ですが、安かろう悪くなかろうが存在していることも事実です。

前置きはこの辺に、今回僕が腕時計の新調を検討している人に勧めたいのは、Hauwei Band7です。

僕が使用しているのはHauwei Band6PRO。購入したのは約1年前。Band7は最新モデルとして先日発売開始された製品となります。

ワーホリ留学スマートウォッチ
とは言え、一人で旅していることが大半だからあまりスマートウォッチとの写真がなかった😭笑

先ずは価格から。7,800円です。つまりGshockの凡そ半値。スマートウォッチを買う前は僕自身はGshockを使用していました。あのモデルは確か、僕が19歳の誕生日にもらったもので、僕は9年以上もの間使用していました。笑

それもあってか、2年に一度電池交換が必要となり、一度電池を変えるのに凡そ$30掛かっていました。つまり付属の電池を加味しても、5~6年使用した電池代とスマートウォッチの本体価格が大凡同じということになります。

そもそもスマートウォッチといえば、アップルウォッチを連想する方も多いのかもしれませんが、最新モデルのアマゾン価格が5万弱とかですか?Gshockランクの15,000円クラスはスマートウォッチでは割と上位機種とかに当たる価格帯なんですよね。

それらを踏まえて、僕の感性を踏まえてまとめると、

  • 一台の機種を長く使いたくて、
  • かと言って腕時計に多くのお金は使えない。
  • とは言え、便利な機能があることも理解しているし、
  • 最上位機種ではなくてもいいけれど、それなりに使い勝手のいい物を選びたいよね。

正解は、Hauwei Band7です。笑 そういうことです。笑

続いて、僕自身のBand6PROの使用感について話していきます。

スマートウォッチの使用感

僕がスマートウォッチデビューを果たしたのは、昨年。のワクチンを打つちょっと前。

丁度その頃にGshockの電池が切れて、ワクチンを打つなら体温計も買っておこうかな?なんて考えていた頃。先ほども話した通り、僕は9年も一つのGshockを使用していたので、これを機に腕時計の新調を検討していました。

そんな時に見つけたのが、Band6PRO。体温計機能もありますし、睡眠分析や運動量など、基本的な性能は装備していおり、アップルウォッチと比較をするなら、アプリがインストールできないことと、タップでの支払いができない程度。両方僕には対して必要の無い機能であり、その価格差が4万円。笑

正直、アップルウォッチを選ぶ余地すら僕にはなかったです。笑

ワクチンを打った直後に起きたのが、ロックダウンでした。1週間のロックダウンが延長に延長され、結果6週間もの間、ロックダウンされていました。いつ解錠されるかもわからないまま、延長延長とただ緩和されるのを待っていた。そんな毎日はひたすら朝に散歩して、昼に日光浴をする事しか出来ず、そんな時のカロリー消費指数や、万歩計機能を楽しんでいました。

レビューを見ると精度がどうだ!スペックがどうだ!とよくお話しされていますが、僕が思う意義は、意識ゼロだった自分が、何歩歩いたのか?どのくらいのカロリー消費をしたのか?と気にするようになったという日常変化が体重なんかよりも変わった要素だと思っています。

変わったのは僕自身のスペックなのかもしれない。笑

それに精度がスペックが!と話すなら、他製品と比較して、Band7は悪く無いです。

通常の仕事はホスピタリティをしています。カフェでたまにお客さんにもサービスをしつつ、メインではシェフとして働いています。

タイマーとメールの確認。これらが毎日使用する機能で、今となってはタイマーの度に、通知の度に、ポッケから携帯を取り出して。。。みたいな作業がかなり億劫になっています。

それと、一度携帯を見る行為から、いつまでも触り続けてしまうんだ!ってのも感じていて、メールが届いたら腕で内容の文頭だけでも確認できたら、わざわざ今すぐ返信する。や、今すぐ全文確認する。が減り、結果、スマホを触っている時間すら減ったようにも感じます。

現代病の一つですよね。電波やWIFIの無い恐怖心やスマホを見たい時に見られないソワソワ感。僕はたまに電波の入らない山の中にキャンプやトレッキングを楽しみにお出掛けしますが、圏外の世界は結構、快適だったりしますよ。笑 もしかしたらわかんないかな?笑

以上、僕からのBand7のススメ。

まとめ

スマートウォッチに関心があるけど、アップルウォッチとか高いんでしょう?
→アップルウォッチは当然高いので、Hauwei Band7がオススメ!

Hauwei Band7って安いから、性能良く無いんでしょう?
→アップルウォッチの一部機能が使えないモデルだと思って貰えばいいです。オススメです!

Hauweiって中国のメーカーでしょう?大丈夫?
→スマホのアップルのシェア率は世界で2割程度。中華メーカーが4-5割くらいじゃ無いですかね?オススメです!

結論:Hauwei Band7オススメです!