≫ Please go ahead if you can't read Japanese!

何故?観光スポットがあるのに観光客が集まらない街、Mackay!

Mackay観光 QLD Camp Road Trip
Mackay観光
スポンサーリンク

皆さん、世界のどこかでおはようございます!
ツヨシ(@tsuyoshiです!

オーストラリアQLD州をCamp Road Trip!
行きたいところへ行く旅!

本日は12都市目のMackayです!

 

マッカイもこの日の目的地ではなく、通りすがりにある休憩のできる様なそれなりに栄えた街。

所謂、ロードトリップにて休憩に使える中小街といった印象。

 

本日はBowenにて日の出を見て、それと同時に出発しました。

オーストラリアで見た日の出はこれで2度目。


 

前回のAirlie Beachに立ち寄って2箇所目となります。

  
それではシェアしていきます!

 

スポンサーリンク

Mackayという街

 
マッカイはQLD州の大体中心部の海岸沿いに位置する街です。
ただ、行政地区としては北部に位置付けされているそうです。

 

市の面積としてはそこまで広く無いですが、一通りのショッピングも揃う。

オーストラリアの目線に立つと、内容は中規模な田舎街。

マッカイ空港があったり、
小中だけでも11高あり、高校も複数校ある。
 ↑僕の地元と比べると都会である笑

 
音楽学校があったり、マッカイ芸術祭が行われたりと芸術に関して力を入れている市という印象もあります。 
 

そんなマッカイも周辺地域と同じ様にサトウキビや糖業が盛んです。
砂糖に関してはオーストラリア国内の1/3はマッカイで生産されていることからオーストラリアの砂糖の首都だなんて呼ばれたりもしているそうです。

 

他にも市内にはいくつもの世界遺産に登録されているモノがあります。

第一次世界大戦の慰霊碑、砂糖研究所、教会、寺院、病院、学校と。
20近い世界遺産が小さなマッカイ内にギュッと収まっています。

 

グレートバリアリーフの範囲内であったり、ケアンズまで向かう道中であったり、これらの世界遺産リストであったり、訪れる理由はたくさんありそうなのですが、どうも国外はもちろんオーストラリア国内からの観光業が未だに伸び悩んでいる現状みたいです。

何故か。笑
 

そんなマッカイを本日は旅します!

 

Mackayを訪れて 

実際に僕自身もマッカイへは通りすがり観光。

観光というよりもランチを取るのを理由に訪れた流れですね。

 

本当に、ランチを取るために立ち寄った街になってしまいましたが、本日はハンバーガーを。

Mackay観光

ここは個人営業なのかな?

結構いい感じの雰囲気にいい感じの店員さんに広々とした店内スペース。

Mackay観光

少しお高めなハンバーガー屋さんでしたが、美味しかったです。

 

 

なにせ、本日はまだ立ち寄りたい場所があり、時間がないので、マッカイ観光はここまでです。笑

 

速攻のマッカイ旅でした。

 

Mackayを旅して

滞在時間は本当に30、40分程度(笑)

どうだったかと聞かれれば、特に答えられないのですが、それこそが答えかなとも思います。

 

小さな街の中に20以上の世界遺産があったり、グレートバリアリーフがあったり、

色々と観光できるスポットはありますが、僕らも特に目に留まる要素がなく、

サラッと立ち去ってしまいました。
 

街に魅力がなかったわけでもないのですが、特にそそられるような魅力は感じられず、、、
って印象です。

市民のみなさますんません(笑) 

 

ということは逆に穴場でもある街だとも僕は思いますので、次回こちら方面へ戻ってきた際には、マッカイ市内もしっかりと観光してみようと思います!

 

そんなマッカイ旅でした。