≫ Please go ahead if you can't read Japanese!

【ワーホリでの友達の作り方】現状では利己的で実は友達では無いです

ワーホリ友達 オーストラリア
ワーホリ友達
スポンサーリンク

皆さん、世界のどこかでおはようございます!

ツヨシ(@tsuyoshiです!

これからワーホリへ行く人へ。

 

ワーホリに行くと、外国人や色んな考えを持った友達ができます!

↑ズバリ、その通り。

 

ただ、留学1カ国、ワーホリ2カ国を経験した僕が今の現状を見ていると、

かなり利己的な友達〔?〕作りをしている人が多いです。

 

僕は基本的に都会には旅行、住むのは田舎 な生活をしているのと、

そのメイン層である20代前半の子達と直接的な絡みはないのですが、

留学をした頃の僕は18歳で、気持ちはわかる部分もあります。

 

ただ、これからワーホリへ行く人には両方経験した僕なりのアドバイスでもありますので、

頭の片隅にでも入れておいてもらえればと思います。

 

スポンサーリンク

ワーホリの友達作りの現状

確かこの話題は過去にも取り扱ったことがあります。笑

ただ、大事なことですので、何度でも伝えます。発信します。

 

英語と日本語のコミュニケーションは海外へ行ったことすらない人でも

ご存知の通り違うんですよね。

言い回しも、言葉使いも、ジョークも。

 

未だに言う人がいますが、外国人は日本人と違って、

思ったことをはっきりと言う!
敬語がない!

なんて言いますが、そんなこともないですよ。笑

 

日本と全く同じように言う言わないの個性がありますし、敬語がないとは言え、言葉は選んでます。

ただの尊重ではなく、リスペクトがあるので、簡単には否定できない部分もあります。その結果、誰かの思ったことに対しての意見をみんなが聞いているって状態なんですよね。

 

英語にはBro、オーストラリアで言う所のMateって言葉がありますが、どちらも日本語翻訳すると友達ですが、何も友達に対して言っているわけではないんですよね。

うーん、難しいですよね。笑

一度、電話で日本人の子に『今、俺Broといるんだけど、』って言われたことあります。笑

 

まあ、彼らも好きにワーホリやったら良いんですよ!

特にSNSでは映えるんじゃないですか?

 

彼らの地元のBro達は、

あいつやっぱ違うよね!
変わってるやつだったけど、すごいなあ!
外国人の友達できてんじゃん!

って評価されますから!

 

 

友達って何?

 

僕がサラリーマンを2年でやめて色々と意見をもらった。
僕がその時個人事業を始めた時も。
それをやめてワーホリへ行く!と言った時も。
2カ国目のワーホリを決めた時も。

あいつ、もう日本じゃ無理だな。終わったな。

って(笑)

 

僕の友達がそう決めたなら応援する。

最悪困ったら連絡して来い!俺たちは友達だろ?

出来ることなら、手助けしてやる!

僕の地元や以前海外で出会った友達の意見はこうだった。

 

基本的に意見をくださる人〔笑〕は、僕よりも少し早く生まれた人達だったかな。

 

友達なんて定義はない上に、言葉にするとかなり恥ずい(笑)

 

ただ、せっかくワーホリするなら色んな友達を作りたい!ですよね?

 

正統派で行けば、

  • シェアメイト
  • ローカルの会社で働く
  • 趣味で繋がる

僕自身も現地ルートでの家探し、ローカルカフェで働く、店で知り合ったカメラ好きの子と出掛ける。

だったり、この友達の作り方はしたかな。

友達を作る為!というよりも、僕が好きな道を選んだ結果友達が出来たって流れですよね。

 

ここなんですよ!笑

 

日本や子供の頃に、友達を作る為に何かをするって動機付けって不自然な気がしますよね?

まあ、100歩譲ってOKです。

 

都会に住んでる子達と話した機会によく聞いたフレーズやネットで見る意見として

  • クラブ行けば友達できますよ〔party文化です〕
  • ティンダー使えば友達できますよ〔異性から〕
  • 日本語話せる外国人からその友達周りの外国人の友達〔日本に関心がある〕

いや、ちょっと待って!

必死すぎるし、それってどちらかの一方通行的な友達作りじゃないか?って

友達作りで行うならね。

 

否定は一切しないけれど、友達を作るための起爆札に

  • ナンパ
  • 出会い系
  • 日本が好きな子からステップアップ

利己的すぎんかと(笑)

 

今までによく聞く話だと、

英語教えてあげるし、ご飯も奢ってあげるから遊ぼうよ!
買い物してたら、重いでしょ?手伝うし、車で家まで送ってあげるよ!

彼は優しいし、素敵♡

 

間違いない。ただ僕は少なからず外でそんな風に声かけられた経験は一度もないし、

そんな優しい彼は俺にも英語教えてくれて、ご飯も奢ってくれるのかしら?

 

ちょっと言いすぎましたね。すみません。

 

まあそういう事なんですよね。

冷静に考えたら僕がマイノリティな訳ないと思うんですけどね。

 

この人に対しては優しいけれど、みんなにでは無い。

見返りが欲しい。

英語を教えてくれるから。

 

これって友達なん?

 

僕は少ながらず友達にはなりたく無いかな。

 

もうわかっている人はわかっているし、海外へ出た人はわかっていますが、

基本的にはこれが現状です。

僕の外国人の友達とは全く違います。

 

現地で慣れてしまうと、中々軌道修正は難しいのはわかりますので、

そんなことを言ってる人居たな!

程度に頭に入れておいて貰えると嬉しいです。

 

日本でもどの国でも、自分にとっての友達の定義は変わらないし、

友達の作り方も国境問わずです。

 

嫌われる人は同じ事をすれば、どこでも嫌われちゃうし、

好かれる人はどこの世界でも好かれます。

現地で麻痺してしまうこともあると思いますが、

僕の友達作りってマイノリティですか?

 

結局類友