≫ Please go ahead if you can't read Japanese!

海外の法律を知って、日本の法律を知る。

オーストラリアバースデーパーティ オーストラリア
オーストラリアバースデーパーティ

皆さん、世界のどこかでおはようございます!ツヨシ(@tsuyoshi)です。

いきなり本題ですが、海外と日本とでは法律が違うという事実は頭で分かっていても、具体的に知らないのは必然で、そんな事実を海外生活を通して体感し、触れ合う時間が長くなることで、日本の当たり前の情報に遅れを取ってくるのも一つの事実。

先日、職場の高校生コーワーカーが18歳になったとのでハウスパーティをするから良かったら!と誘われ参加してきた。

何度も参加している誰かの誕生日パーティだが、10代の子のパーティに誘われるのは初めてだった。

具体的にオージーは18歳になると何ができる様になるのかと、会場に着くまでの間に簡易的に調べてみたら、日本の未成年ってのも2022年から’20歳から18歳’に引き下げられたいたって事実を知った…。知らなかった。

正直に2018年から海外生活をしているので、平成以降の云々カンヌンは結構知らなかったりする。早速日本の事なのに、知らなかったことを友達の誕生日から知れた。覚えてはいないが、今まで聞かれたとしたら、友達達にも僕は嘘を伝えていたのかも知れない。笑

そしたら何度参加しても慣れないハウスパーティに関して少しだけ話そうと思う。

–✈︎—-✈︎—-✈︎—-お知らせ—-✈︎—-✈︎—-✈︎—-✈︎—-✈︎-

Contents

スポンサーリンク

18歳になったから

18歳になったことでお酒が飲めたり、タバコが吸える様になるそう。日本では20歳から18歳に引き下げられたものの、まだお酒とタバコは20歳からみたいですねってのは恐らく皆さんは周知の事実(僕は初耳でした笑)。

また仮免が取れる年齢も州によって異なるそうです。州律だとか時差だとか、やっぱり海外は興味深い。とは言え、僕らも47の州があるので、海外から見たら面白い地理感を持っているのかも知れない。

それに加え、アメリカの影響やベトナム戦争など歴史の背景からも、21歳の誕生日も盛大に祝うパーティを行ってるみたいですね。

ハロウィーンやクリスマス、イースターや成人などなど、僕らでも短な事でも知らないことはたくさん溢れているので、知っているような知らないような。いざ触れ合ってみると、興味深いですよね。

ヨシ!来週”カラオキパーティ”で何十人が来るらしいけど一緒に行くか?”カラオキ”は日本のパーティだろう?…。いや、ごめんけど、違げーんだよな。ってのも結構あるあるだもんね。

話を戻して、先ずは今回のハウスパーティの様子から紹介しようと思う。

ハウスパーティの様子

当人の親戚、学校の友達、彼氏の友達、そして僕らバイト先の友達の30人程で行われた程よい規模のハウスパーティ。テーブルの飾り付けも可愛らしく装飾されていた。数百人の参加者でもハウスパーティと呼ぶので、僕らパーティ文化の無い日本人からすると境目のキリがわからないが、今回は比較的内々だってことはわかる。

オーストラリア18歳パーティ
オーストラリア18歳パーティ
オーストラリア18歳パーティ
オーストラリア18歳パーティ

何度参加してもこれ系統のパーティには慣れない。初めの30分くらいは知っている人と話して、比較的じーっとしている。笑 初対面でも関係なくパリパリ踊っちゃったりしながら話を楽しめる皆さんには毎度嫉妬する。

18歳を迎えた主催者から振る舞われたオリジナルマルガリータの順番を並ぶカクテルグラス。相変わらずいい雰囲気だし、ようやくお酒を飲める(”事が言える”)年齢なので、ウキウキなのは表情からもよく伝わる。

オーストラリア18歳パーティ

大量の食事と大量のお酒が用意されていて振る舞われた。ビールのラインナップにはスーパードライもあった。どうやらお母さんの嗜好らしい。アジア人ですらもちろん、日本人は僕だけなので、これ好きなんだよね〜と何人かに声を掛けてもらった。素直に嬉しいよね。

オーストラリア18歳パーティ

パーティの雰囲気に関しても少しだけ話そうと思う。

広い家に広い庭。今回用ではなく、常時キャンプファイアーが設置されている家も少なくない。

オーストラリア18歳パーティ

世界各国にいる ”普通に火を眺めているだけでも絵になっちゃう人たち” にも嫉妬する。僕らの職場のサーバーのチックスが料理を運んでくれて、

オーストラリア18歳パーティ

我先に自分でガッついてる。ここは日本じゃない、みんなが食べるタイミングだなんて待つ必要はない。←これは嫌味。

オーストラリア18歳パーティ

僕がいつもカメラを持っていくので比較的 ‘私を撮って〜’ の時間は定番になりつつある。もちろんそんな時間も嫌いじゃない。

オーストラリア18歳パーティ

僕らバイト仲間からの参加は8人。僕らからはホワイトのドレスコードでお祝いを表現した。

オーストラリア18歳パーティ

親戚の皆様も当然初対面だが、良くしてくれて、

オーストラリア18歳パーティ

ティーン達には何なら僕が照れる勢いで写真を撮ってあげて、

オーストラリア18歳パーティ
オーストラリア18歳パーティ

4時間のパーティが終了した。夜にはお姉様達の話が盛り上がっているなと思って聞きに行ったら、『今、セックスの話をしてるからあっちいって』とあしらわれたのはここだけの話。

オーストラリア18歳パーティ

パーティってのはやっぱり難しい…

僕らは数人で鍋を突いたり、たこ焼きを焼くことからパーティと呼んでいるが、基本的に知った仲間同士での集まりを主にパーティと呼ぶ気がする。誰かの彼女や彼氏、たまに友達程度なら参加する事があっても、毎度知らない人たちが集まっている状態は中々見掛けない。

それでもじゃあ実際東京ではどうなの?大阪ではどうなの?と聞かれると何とも言えないから、日本ではって言うには少し時間が掛かる気もする。もしかしたら日本も全く同じだが、僕だけが皆さんから誘われていないだけなのかも知れない。そんなはずは無い筈…。

日本へワーホリに行くんだけど、どうやって東京でシェアハウスを探せばいい?だとか、ワークビザを取得するにはどの分野の仕事を薦める?とか海外の皆様に聞かれても本気で僕にはノーアイディアである。タトゥー彫っていると温泉入れないの?も同じである。嗚呼、多分だけど、東京とか〜大阪とか〜なら入れるんじゃない?調べてみんと俺もわからん。みたいなね。

自分の国の文化や習慣でも、実際に知らないことは多かったりするもの。ただこれだけは言える

不特定多数が大勢集まるカラオケパーティは日本のパーティに絶対にない!!…よね?。