≫ Please go ahead if you can't read Japanese!

コロナが明けたらすぐに使いたいトラベル三脚【K&Fconcept】

K&Fトラベル三脚 趣味
K&Fトラベル三脚
スポンサーリンク

皆さん、世界のどこかでおはようございます!

ツヨシ(@tsuyoshiです!

今回も僕のブログをサポートしていただいているK&F Conceptさんから新商品を提供いただいたのでシェアしたいと思います!

 

2021年の新製品、KF09.077V1

ワーホリや留学にはもちろん、旅行や海外での使用にかなり相性の良い三脚だと思いました。

 

もちろん名前の通り、”トラベル三脚”ですので写真を10年以上撮影している僕的に

良かった点唯一1点の気になった点をご紹介したいと思います。

 

また今回もクーポンを頂きましたので、最後にそのコードを載せておきます。

 

スポンサーリンク

KF09.077V1

まずは商品の概要をざっくりとご紹介します。

 

 
収納36cm
質量1.1kg
素材カーボン+接続部合金
耐荷重5kg
自由雲台付属
ローポジション
一脚機能付
 

 

と、こんな感じでしょうか?

三脚としての機能はもう十分なんですよね。

 

更には価格帯ですね。

K&Fトラベル三脚

ブログを書いている現在、K&Fさんの公式HPを見ても、1万円を切る価格。

 

正直、恐らく一般的な使用頻度の一般的なクオリティを求める僕を含める我々は、

頻繁に三脚を買い替えたりはしませんよね?

 

例えば、5年も使えば、2,000円/年 なんですよね。

基本的には僕はあまりコスパという響きが好きではなくて、単に見た目であったり、用途でモノを選んだりします。

僕が富士フィルムXE-3を使用しているのもズバリ見た目!(笑)

 

それとこのサイズ感でのトラベル三脚となると、カーボンとアルミとでは、あまり大差が内容にも感じるかもしれません。

とは言ってもカーボンの方が軽いことは間違いなく、感覚としては、APS–C1台分軽いって感じ。

トラベルに置いて、軽いは正義です。

K&Fトラベル三脚

 

それに使用している三脚がカーボンって心なしか嬉しいですよね(笑)

僕自身もテーブル三脚2脚、通常の三脚2脚を所持していますが、カーボンは初です!

 

初めてのカーボンを使用して感じたことは、まず見た目の良さと独特な匂いがするんだなあって事。

恐らく、数日経てば、その匂いもなくなると思いますが、新車の匂いがする車に乗っているような気分ですね!(笑)

 

さてさて、漸く商品に関して具体的に触れていきます。

 

KF09.077V1の好きなところ

気に入った点が4つあります。

一つづつ解説していきます。

 

1.ポーチ

K&Fトラベル三脚

すみません、いきなり外部的な要素から始まりますが、先ずポーチが良いんですよ。笑

 

比較的シンプルでありながらも、しっかりとしていて、使い良いポーチになっています。

何よりも好感が持てるのが、内部にポケットがある所。

K&Fトラベル三脚

付属していた、六角や説明書などはここにしまっておけば、いざの時にスムーズになりますよね。

 

こういった一工夫は、K&Fの強みだと僕は毎回関心しています。

 

2.三脚としての機能

K&Fトラベル三脚

収納時は36cmになるくせに、最長155cmになでなるんですよね。

 

僕の車と比較してもこう。

実際にカメラを積んでみると、身長170cmの僕の目線が丁度背面モニター。

ファインダーを覗くには背伸びが必要。

なくらいに急成長します。

 

僕は現在はオーストラリアで生活をしているので、蛍を撮影しに行ったり、星を撮影してみたり、山頂で朝日を眺めたり、

K&Fトラベル三脚

思いつきで、色んな環境下に訪れることが多いので、どんなシチュエーションにでもこのトラベル三脚1脚で万能に対応してもらえるなあと感じています。

 

因みにカメラバックもK&F製の防水バッグパックを使用していますが、こちらも強く勧めますよ!

この三脚との持ち運びの相性も良いと思います。

 

3.三脚としての機能の続き

K&Fトラベル三脚

ローポジションにももちろん対応しています。

 

もう説明するまでもないですし、ご覧の通りですよね。

 

こんな36cmのチビのくせに、最大155cmまで成長する上に、こんなパンチラ狙いのようなローアングルまで広い範囲での守備範囲。

トラベル三脚としていうことはもう無いです。

 

またこの写真からですと、お分かりになると思いますが、中心部にフックもついていますので、

どこかに引っ掛けておいたり、何かを引っ掛けて風のブレから守ったり、

今や標準となりつつある機能は当たり前に装備しています。

 

こちらはカーボン製のトラベル三脚ですので、比較的に軽いです。そんな軽さという弱点を補うにはある意味ではマストで欲しいフックですよね。

 

4.一脚

K&Fトラベル三脚

最後になります。

一脚機能も、今や標準装備となりつつある、機能ですよね。

そしてこれを考えた人めちゃくちゃ頭いいですよね!!

ただ、僕使用したことないんですよね〜一脚。

 

今回を機に一脚にも挑戦してみよう。。。

 

ただ気になった点もあるんです。。。

三脚としての機能は必要十分であり、見た目もGOODであり、しかも安価!

何一つ不満のなさそうに思えながらも、個人的に気になった点がありました。

 

それは、
どうしても4段5段目が細すぎることですね。

 

こちらの三脚は5段式になっています。

もちろんあれば便利ですし、ありがたいのですが、どうしても収納やコンパクトさ軽さを追求した結果、4、5段目があまりにも細いんですよね。

 

まあ、実際には使用できなくはないのですが、ちょっと心許ない

個人的には3段目までかなと。逆に3段目までは不安なく、使用できます。

 

あくまでこちらのコンセプトは軽量であり、コンパクトなトラベル三脚ですよね。

だったら、3段式にして、もう若干でも軽量にしてくれた方が良かったかなあとも感じました。

 

とは言っても、そこまで重量に差が生まれるとも思えませんし、

使用しなければ解決。どうしても使いたい時には使用できるので、そこまで大きな問題ではないです。

 

そんなところでしょうか。

 

KF09.077V1総評

総評としてはかなり個人的にはフェイバリットなトラベル三脚でした。

使用感としては何なら必要十分!性能としても申し分無い!

非常に使い勝手の良い製品だと感じました。

そんな上に安価。

 

正直、コロナ後に海外旅行に行く、日本国内でキャンプに行くなど、目先の使用目的で購入してしまっても全く問題ないと思います。

その後もどの道使用すると思うので。

 

そんなこちらの製品はK&Fさんから更に値引きのクーポンも預かっておりますので、もし購入を検討される方はせっかくですので、是非ともご利用ください!

1.Amazon product

Amazon 8% off code:  X4EMTQ5R
Code avaliable time: 2021.5.5~2021.7.31

Rakuten 5% off code: S7R9-VNJG-DLZY-2EPV
Code available time: 2021.6.21~2021.9.21

 

2.Official website product

10% off code:10kfit 
Code avaliable time: 2021.6.21~2021.12.31

 

 

 

1日でも早くみなさん誰でも好きな場所にトラベルできることを願っています。

 

↓クリックしてね↓

 

世界のどこかでおはよう

世界のどこかでおはよう 

 

 

 

 

趣味
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Tsuyoshiをフォローする
スポンサーリンク
世界のどこかでおはよう