≫ Please go ahead if you can't read Japanese!

AUSには野生のコアラがいるという噂があるが、僕は絶対に信じない

オーストラリアコアラ Australia Road Trip
オーストラリアコアラ
スポンサーリンク

皆さん、世界のどこかでおはようございます! ツヨシ(@tsuyoshiです!

オーストラリアは自然が非常に豊かで、多くの自然動物が共存している。

数や種量は厳密にはわから無いが、確実に日本よりは多様性が充実していると思う。

確かに、2年前の大規模なブッシュファイヤーの影響は大きく、多くの人間を含めた動物へ莫大なダメージを与えたが、とは言っても、生活をしていると多くの自然動物を目にすることが日常だ!

ただ、僕は野生のコアラを見たことがない

誰だ?オーストラリアにだけ生息する野生のコアラ!だなんて嘘をついている奴は??!

 

僕は、ウォンバットやペンギン、カンガルーやワラビーあとはエミューとかは見掛けた。

オーストラリアコアラ
オーストラリアコアラ

でもコアラは動物園でしか見たことがない。

ファームをしていた頃は内陸部に住んでいたし、休みの日はハイキングやトレッキングをNPで良くしていた。いつも視線は上!ガムツリーやユーカリ。

でも野生のコアラを見たことがない

 

もうすぐ丸二年経つんだぞ!

一度ったりとも野生のコアラを見たことがない

 

僕はオーストラリアに野生のコアラが生息しているだなんて信じない!

ドロップベアもね。

 

スポンサーリンク

(もしかしたら人工的に作られている動物)コアラ

コアラはコアラ家コアラ目だが、日本語ではフクログマ(袋熊)というらしい。

野生としてはオーストラリアにしか生息していないらしい。

大人になると大体体長が70CM前後らしい。

油分の多いユーカリの葉を好み、体質としても脂が多いらしい。

2年前の大規模なブッシュファイアーでは、油分の多い体質から燃えやすく、多くの野生コアラが亡くなったらしい。

僕は見たことがないので、らしいとしか言いようがない。

まるで僕がオージーに

“流石にもう東京じゃなかなか見掛けないけれど、地方に行くとまだ忍者は居るよ!今で言うと個人事業のスパイみたいなものかな?不倫とか色々調査してる職業だよ!”

と伝えたのなら、日本人が言ってたから信憑性がある。日本の地方にはまだ忍びがいるらしい

僕の野生のコアラに対する見え方はそのレベルだ!

 

本当に実在するのか、コアラ?

僕は軽い色弱持ちだ。特にパステルカラーに弱い。

緑と青とかグレーと水色とか。

信号の色はどう見ても青色だし、僕がグレーだと思ってきていた服を何で男なのに水色の着てるの?と小学生の頃にもいじられた経験がある。

そんな過去を踏まえて、もしかしたら、僕がコアラだと思っている動物はコアラではない可能性はないだろうかと考えてみた。

ただ、僕は日本、アメリカ、オーストラリアの動物園でコアラを見たことがあるので、その可能性は限りなくゼロに近いと思う。

僕が言っているコアラとはみなさんの頭の中でイメージするコアラとほぼ完全に一致する。

 

何かをしている時に、コアラ見掛けるかな?なんて上を見ながら歩いた頃は何度もあるが、本格的に今日はコアラを見るぞ!と時間を使ったことがなかったので、休日であった木曜日に本格的にコアラを探しに150KMドライブした。

 

コアラ探偵団結束(当日解散)

とは言っても一人だ!てめーで運転して、てめーだけで探すドライブ(笑)

まずは、ハウスオーナーと職場の人にメールで話を聞き、僕の住むLennox Head周辺だと、Possum CreekとFederalが可能性が高いと情報を得た。

車で片道25分。悪くない。

早速向かった。

現地は想像だにしないほどに、とんでもなく田舎だった。Federalはまだスーパーがあったり、飲食店が数件ある程度の田舎だったが、Possum Creekに関しては、森の中だった。民家は何軒か見かけたが、スーパーなどのお店は一軒も見かけなかった。

これは期待できるぞ!2時間ほど、低速で車を走らせながら、ずっと探した。

30分に1度くらい人と会ったタイミングで、コアラを探している。どこかで見かけませんでしたか?と質問もした。

  • 昨日の夜はこの辺りから、鳴き声が聞こえた。
  • 今朝この木に居たよ。
  • 先週この道で散歩していたコアラを見たよ。

みんな嘘つきだ!

コアラなんかいないじゃないか!

Youtubeで見たけど、コアラ(仮想)は人間のゲップみたいな鳴き声するんだな。

 

ドロップベア

職場の人に野生のコアラを探すときはドロップベアに気をつけろ!と良く言われた。

ドロップベア、、、名前的にも確かに危険そうだ。

当然見かけなかったので、調べてみると、

Characters PathOfExile DropBear 01

モンハンやん。

これこそ本当にフェイクだった。

日本で言うところの、悪いことしたら鬼がくるぞ!と子供に言い聞かせる系の類だった。

どうやら無防備な観光客を襲う架空の動物らしい。

当然、見付ける事はできず。

 

拝啓、コアラ

もし、僕に存在を認めてもらいたくて、且つ このブログを読んでくれているのなら、一度会いませんか?

僕はまだあなたのことは100%信じていません。触れたこともないので、もしかしたら夢ネコのような側は動物だけど、実はおもちゃの機械なんじゃないか?とか思ってます。

 

野生はオーストラリアにしかいないとのことですから、オーストラリアに僕がいるうちに姿を見せてくれないと。

コメントやDMされても信じられないのでね。

よろしくおねがいしますね、もし本当に存在するのなら。