≫ Please go ahead if you can't read Japanese!

海外でAstraZeneca製ワクチンを打った話

オーストラリアワクチン オーストラリア
オーストラリアワクチン
スポンサーリンク

皆さん、世界のどこかでおはようございます! ツヨシ(@tsuyoshiです!

 

数日前に海外で1度目のワクチンを打ってきました。

僕が選んだのは、AstraZeneca製ワクチンです。

 

ワクチンがどうこうと言う話ではなくて、あくまで僕が

これからも海外生活を継続するために集団免疫に参加した

と言う話として読んでいただけたらと思います。

個人的にも、ワクチンの接種に関しては、お好きにしてもらっていいと思っていますので。

 

関心がある方のみ、よければご覧ください!

 

スポンサーリンク

ワクチンを接種した経緯

全ての事象はリスクとのバランスとだと思っています。

車を運転すれば、人を引いてしまうリスク、事故に遭うリスク。

旅行に行けば、現地でトラブルに遭遇するリスク。

そういうリスクとバランスを考慮して、人の生活は成り立っています。

仕事なんかもそうですよね。

ここは行く!ここは辞めておく!ここは立ち止まって考える。

僕の中ではワクチンもそんな領域でのお話。

 

ワクチンを打った答えは一つで、

今後も海外生活を継続したいから。

 

ナショナリティを問わず、友達とは連絡を取ったりしているんですけど、

結構聞かれます!

打つか打たないか

 

未来系でどんな副作用があるか分からないから打たない、集団免疫獲得に貢献したい。

色んなことを皆さん言いますが、少なからず、僕は、

例え副作用があるにしても海外生活を優先したので、打つ!

これは初めから決めていたことでした。

 

 

現在はオーストラリアに住んでいますが、僕が予約を取れたのはアストラゼネカのみ。

僕はWHOが認証しているワクチンはどれでも信用していますので初めに取れた

アストラゼネカで接種しました。

 

因みに受付と接種で15分、接種後の様子見で15分の30分程度でした。

 

僕に出た副作用

ワクチン種によって、個人によって、症状が異なると思いますが、僕の場合。

 

13時に打った初日、若干熱を帯びているもののそこまで症状が出ていないまま夜になり、

初日22時頃から2日目昼頃まで発熱。
(体温計を持っていないので体感ですが38℃くらい?)
 

熱が引き出した2日目昼頃から3日目起床まで注射部の軽い痛みと反対の肩が筋肉痛の様なだるい痛み。
↑これが一番しんどかった。
 

3日目からは通常のように生活できる様に戻ってきました!

 

周りで打っている人とテキストしていても同じような話をしていたので、そんな感じですね。

 

オーストラリアでワクチンを予約するには

オーストラリアでワクチンを打つにはこちらから予約ができますので、もしお探しの場合はアクセスしてください。

 

最後に

打つ、打たないは本当に個人で決めてもらっていいと思います。

集団免疫の影響力も大きいですし、未来系で不透明な副作用がどうしても気になるのであれば打たなくてもいいと思う。

ただ、自分で決定したほうがいい。

もちろん最終決定はご自身の判断ですが(笑)

 

僕の場合はこの後も継続的に海外で生活を送りたい、するとほぼ必須レベルで必要になるワクチンですので、僕はある程度の副作用があったとしても、打ちます。

 

人それぞれだなんて、しょうもない議論はしないですが、個人の選択ですので、ご自身で決定されるといいと思います。