≫ Please go ahead if you can't read Japanese!

きれいではなく、アンテロープい ホースシューベンドい な美しさ

アメリカ縦横断 アメリカ縦横断
スポンサーリンク

皆さんこんにちは! ツヨシ(@tsuyoshiです!

 

アメリカ縦横断ロードトリップ!行きたいところへ行く旅!!

今日はアメリカ15,16都市目、Antelope Canyon と Horseshoe Bend!

そして、グランドサークル3,4箇所目です!近いポイントですので一緒にご紹介します!

 

アンテロープキャニオンは、僕が今回最も行きたかったスポットの一つでもあります。
ここは政府を含めドコも関与することができない場所
当時からここに住んでいたナバホ族が今でもその全てを管理しています。
今回は時期の具合でUpperのみの観光となります。
※次回はLowerに参加予定です!

 

そしてホースシューベンドは、写真やネットで調べていたのと生で見るのとではいい意味での一番ギャップがあった場所。
これが海外旅行の醍醐味でもあると僕は思いますが、事前に聞いている話よりも上回る感動や時に残念なスポットがたくさんありますが、ココはいい例!
書いて字の如く馬の蹄の形をした渓谷。そこに“壮大で大自然な”と付け加える価値観が楽しみに付加価値を付けてくれるそんな場所!

 

そんなスポット’Sです!

 

スポンサーリンク

アンテロープキャニオンという街

アメリカ縦横断

アメリカ合衆国アリゾナ州はページ近郊にある場所。冒頭でもご紹介した通りナバホ族の土地にある渓谷です。
アメリカ南西部では最も写真撮影がされていて多くの人々が訪れるスロットキャニオン(幅の狭い渓谷)です。
アンテロープは2つの岩層からできているので、アッパーとロウワーの2つのキャニオンと別れます。

アメリカ縦横断

アンテロープキャニオンは周囲のナバホ砂岩の侵食により何百万年にも及ぶ地層を形成しています。
特にモンスーンの時期に降る雨水はアンテロープキャニオンの一部である谷間を流れ、より狭い通路を流れるにつれ水は加速して砂を拾い上げました。

アメリカ縦横断
この写真は僕のPCの壁紙にもなっています笑

アッパーアンテロープキャニオンの紹介から!
ナバホ族の言葉で”水が岩を流れる場所”という意味のTse bighanilini(ツェー・ビガニリニ)とも呼ばれています。こちらは僕が今回訪れた場所でもあり、観光客が最も訪れる場所でもあります。
人気の理由として入り口と全長が地表と同じ高さとなる為、岩を登る必要がないからです。
そして2つ目にロウワーアンテロープキャニオンよりも太陽光の光芒が多く、特に夏の時期には光芒が見られるということ。
実際僕も訪れましたが、ロウワーと違いこちらならお子様やお年寄りの方でも参加できると思いました。

 

続いてロウワーアンテロープキャニオンの紹介!
ナバホ族の言葉で”螺旋の岩石のアーチ”という意味のHasdeztwazi(ハスデトワジ)の別名もあります。
鉄製の階段が取り付けられる以前は一定の場所をロープやはしごで登らなくてはなりませんでした。
階段が設置された現在も長く狭い場所が多く、全体を通して足場が悪いなどアッパーアンテロープキャニオンと比べ散策が困難となります。
一般観光客よりも写真家やデープな自然好きが訪れている様な印象でした。

アメリカ縦横断

 上を覗くと(確か)ドラゴンアイと呼ばれている場所もあります。逆光で周りが影となりその上に丸くそして模様が入っています。この見た目がまるで龍の瞳の様であることからそう呼ばれています。かっこいい! 

 

中に入るにはガイドさん無しでは入れません。
そしてナバホ族の末裔であるガイドさん(大体おばさん)ですがやはり毎日のこともあり写真を上手に撮ってくれます。日本人もよく訪れることもありたまに日本語も織り交ぜながら写真撮影をしてくれます。
この写真なんて外国人のおばさんが撮ったって信じられないですよね!笑

アメリカ縦横断

 

ホースシューベンドという街

こちらもアンテロープキャニオン同様にアメリカ合衆国アリゾナ州はページ近郊にあるコロラド川が蹄鉄の形に流れている場所です。
グレンキャニオンダムとパウエル湖から少し下流。

とはいってもあまりネットでの詳細情報も出てきませんでしたので、ここに関しては体感で!

ホースシューベンドの北部に位置するグレンキャニオンダムとパウエル湖はこんな感じ!

アメリカ縦横断

日本で連想するダムとは異なり渓谷の中にあるダム!

 

このコロラド川沿を降ること車で10数分。

ホースシューべンドに到着します!

駐車場に止めて、10分ほど歩きます!

アメリカ縦横断

そして到着!!

アメリカ縦横断

正直グランドサークル内において一番舐めていた場所だったことが本当に恥ずかしい!

非常にカッコよく、見応えのある場所でした!
自然に対して初めて かっこいい と思いました!

 

そんなグランドサークル観光でした

グランドサークルはこの4カ所で終わりです。

今回様々なグランドサークルを回ってどうだった?と聞かれたらよかったよ!綺麗だったよ!だなんて言葉では伝えきれないので、実際に行ったことがある人にしか伝わらない アンテロープい ホースシューベンドい などの形容詞が適切かと思います。笑

例え日本国内でもそうですが、目的までの道の長さや過酷さ 所謂カロリーが高いほど特に強く印象や美しさが増すと思います!

疲れがぶっ飛んじゃう!なんてよくいう表現がありますが、今回初めて体感した様な気がします。

特にグランドサークルに関しましては、僕にどうだったか聞かないでください!ぜひ行って見てください!笑

 

さて、次回からはいよいよ西海岸です!

Instagram
Twitter
Facebook
もよろしくお願いします!


にほんブログ村

コメント